私のガーデニング2

私のガーデニング2 TOP  >  ★ガーデニング

夏の陽向と陰

 梅雨が明け、猛暑が続いています。
 松など、庭木の剪定作業もこう暑くては、熱中症になりそうです。
 日中は無理をせず、木陰で一休み、一休み。
 これではいつまで経っても終わらない、庭木の剪定と除草作業です。

陰と日向
 ◆アーチの陰 (-)露出で撮影(2017,7,20)

陽向と陰
 ◆ワイヤープランツとノウゼンカズラ(2017,7,14)
 「寄せ植え教室」開催のご案内(日程を変更しました)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

真夏を迎えた「春のハンギング」

 4月に植え込んだハンギングバスケット。通路に掛けたハンギングバスケットは、白いインパチェンスを植え込んだもの。一度、バッサリと切り戻したので、今も花をたくさん付けています。
 白い花と斑入りのリーフだけのシンプルなハンギングばかりですが、暑い夏は、クールでいいかなと思っています。

その後の日々草のHB-1

その後の日々草のHB-2
 ◆4月に植え込んだインパチェンスのハンギングバスケット(2017,7,20))

 「寄せ植え教室」開催のご案内(日程を変更しました)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

松などの剪定

 自分が学生の時に植えた松。盆栽には興味はなかったけれど、この松だけは40数年、ずーと世話をしてきました。2m程度の松ですが、昨日は、この松の剪定で1日仕事でした。
 もう1本は、樹齢150年。こちらの松は、ちょっと大きくて、2日掛かりの剪定作業となります。先祖からの松ですが、維持管理は楽ではありません。自然生えで大きくなりすぎた木もバッサリと切りました。
 これから盆まで、時間があるときには、暑い中で、きつーい剪定作業となります。
 6月28日の記事で、終活について記事にしましたが、将来、この庭木の管理作業が増えなようにどうするかは、大きな課題です。

松の剪定

伐採
 ◆松の木の剪定や木の伐採(2017,7,18)
 「寄せ植え教室」開催のご案内(日程を変更しました)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

ムクゲの花が満開

 毎日暑い日が続いています。
 今、真夏の炎天下の中で「ムクゲ」の花が咲き誇っています。家の裏に6本ほど植わっており、何年か前にバッサリと切り詰めていましたが、大きく株立ちして茂っています。
 ムクゲは、ハイビスカスのように1日しか花が持ちませんが、毎日次から次に花を付けています。
 ムクゲが咲く裏庭がジャングルのようにならないよう、花が終わったら、また、切り詰める予定です。

ムクゲの花1

ムクゲの花2
 ◆ムクゲの花が満開(2017,7,17)
 「寄せ植え教室」開催のご案内(日程を変更しました)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

「オニ」と言うだけある「ユリ」の花

 もうじき梅雨明け。猛暑が続いています。
 ガーデンの木々の花は、ノウゼンカズラやアジサイから、真夏に咲くサルスベリやムクゲへと移ってきました。
 そして、ガーデンのあちらこちらで『オニユリ』が咲いています。
 オニユリは、”オニ”が付くだけあって、オレンジ色の花に無数の斑点。花びらが後ろ向きに反り返って、独特の存在感です。

2017オニユリ-1

2017オニユリ-2
 ◆独特の存在感・オニユリ(2017,7,16)
 「寄せ植え教室」開催のご案内(日程を変更しました)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

最後のノウゼンカズラ

 6月下旬から咲きかけたノウゼンカズラは、ピークを過ぎ、樹幹下にたくさんの花を落としています。厳しい陽射しを遮るオレンジ色のカーテンは、あと1週間もすればグリーンのカーテンとなっていきます。
 でも、もう1ヶ月後には、また2番花で色づいてきます。

※先日ご案内しました「第4回寄せ植え教室」につきましては、日程(開催日時、場所)を変更しました。
 →
 「寄せ植え教室」開催のご案内

最後のノウゼンカズラ1

最後のノウゼンカズラ2
 ◆最後のノウゼンカズラ(2017,7,14)
 「寄せ植え教室」開催のご案内(日程を変更しました)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

斑入りのリーフと手水鉢

 ノウゼンカズラが満開になり、今日も樹幹下の草木に落ちたノウゼンカズラの花をバケツにいっぱい拾いました。
 樹幹下のグランドカバーや鉢植えには、斑入り植物がたくさんあり涼しげ。
 手水鉢に落ちたノウゼンカズラの花を浮かべ、夏の庭になっています。

斑入りと手水鉢
 ◆斑入りのリーフと手水鉢(2017,7,11)
 「寄せ植え教室」開催のご案内
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

ノウゼンカズラ 5

 今日もノウゼンカズラ。夕べの雨で花は落ちても、まだまだ蕾が付いています。
 雨が降ると鉢植えの灌水作業は省けますが、樹幹下に落ちた花柄の掃除が大変です。
 今、ガーデンに咲いている花の画像は、このノウゼンカズラには適わず、取り置きとなっています。

ノウゼンカズラ 5-2

ノウゼンカズラ5-1
 ◆今日のノウゼンカズラ(2017,7,10)
 「寄せ植え教室」開催のご案内
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

洗面の寄せ植えは、×2

 洗面の鏡の前に観葉植物の寄せ植えを2~3鉢置いています。蛍光灯に照らされ、鏡に映る寄せ植えは、統一感をもった鉢がもう1つ置いてあるみたいにうまくコーディネートされます。

 8月12日には、「室内のオシャレな寄せ植え」というテーマで、「第4回 寄せ植え教室」を開催します。
 お近くにお住まいでご興味のある方は、よろしければご参加ください。ただ今、参加申込み受付中です。
 季節の花とちがって、室内で長期間楽しむことができます。

 「寄せ植え教室」開催のご案内
鏡の前の寄せ植え
 ◆鏡の前の寄せ植え(2017,7)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

ハンギングバスケットのカエル

 九州北部は、記録的な豪雨で大きな被害が発生していますが、滋賀の方は、雨の少ない梅雨となっています。
 今日もガーデンのハンギングバスケットや寄せ植えに水やりをして、1日が始まりました。
 ハンギングに住みついているカエルは、カメラを向けられ緊張気味です?
 明日からの週間天気では、晴れマークが無くなりました。このカエルもハンギングからいなくなるかも知れません。

ハンギングのカエル-1

ハンギングのカエル-2
 ◆ハンギングバスケットのカエル(2017,7,7)
 「寄せ植え教室」開催のご案内
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

ノウゼンカズラ 4

 梅雨も後半。蒸し暑い日が続いています。
 時間があるときは、ガーデンの草取りをしていますが、この時期の雑草は、凄い勢い。草に負けています。
 梅雨の晴れ間、ノウゼンカズラは、ギラギラと焼き付けるような陽射しを受けて、輝いています。
 今日の画像も、ノウゼンカズラです。

ノウゼンカズラ4-2

ノウゼンカズラ4-1
 ◆陽射しを受けて輝くノウゼンカズラ(2017,7,7)
 「寄せ植え教室」開催のご案内
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

ノウゼンカズラ3

 ノウゼンカズラが大分咲いてきました。風雨で花が落ち、樹幹下のグリーンに花を付けています。
 そして、リビングの窓は、ノウゼンカズラのカーテンが出来ています。
 花は、どんどん、咲き下がってきて、間もなく満開です。

ノウゼンカズラ(20170706)1

ノウゼンカズラ(20170706)2
 ◆ノウゼンカズラ(2017,7,6)

 「寄せ植え教室」開催のご案内
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

寄せ植え教室(ビギナー向け)作品のその後

 6月4日の「寄せ植え教室」で作成したハンギングバスケット。
 夏の暑さに強い「日々草」「ペンタス」「コリウス」を使ったビギナー向け教室作品だけに、魅せる作品ほどではありませんが、とにかく元気。ペンタスは、切れ目なく花を付け、コリウスは、どんどん大きくなり、何度も先を摘んでいます。
 これなら参加された方の作品も暑い夏を乗り越えられそうなので、11月まで咲かし続けてもらいたいものです。

 なお、本作品は、右下のリーフ「しろくまくん」と、赤い「ペンタス」が暑苦しいので、斑入りのリーフを使ったり、白い小花のユーフォルビアのようなものを入れて、白とグリーンでコーディネートされれば、シックでオシャレなものとなり涼しげです。

HBビギナー教室(20170704)
 ◆寄せ植え教室(ビギナー向け)作品のその後(2017,7,4)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

ガーデンの実

 梅雨の時期、ガーデンは、咲き終わった花や雑草が目立ってきました。
 上を見上げるとモッコウバラの蔓が伸びたい放題。アーチには、ワイヤープランツ、ムベ、ヤマブドウが蔓を伸ばし、実を付けてきました。ブルーベリーは、もう収穫期となっています。
 今は、グリーンに覆われていますが、秋のヤマブドウやブルーベリーの紅葉も楽しみです。昨年11月のヤマブドウ

ヤマブドウ2017
 ◆膨らみかけたヤマブドウ(2017,6,28)

ブルーベリー 2017
 ◆ブルーベリー(2017,7,3)
 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

雨のノウゼンカズラ

 昨日、咲きかけたノウゼンカズラをブログUPしましたが、夕べ風雨が強く、台風も発生したことからUPできるときにUPします。
 二階の窓のカーテンを開けると雨の中でノウゼンカズラが良い風景を作っていました。
 一階の窓からの風景や全景がノウゼンカズラで埋まるかは、発生した台風の進路次第となりそうです。
 
ノウゼンカズラ201707-1

ノウゼンカズラ20170702-2
 ◆2階と樹幹下のノウゼンカズラ(2017,7,2)

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

咲きかけたノウゼンカズラ

 ノウゼンカズラが先端の方から咲きかけ、ベランダの内を彩りました。あと数日、雨風が強くなければ、このマイガーデンのシンボルツリーが花で覆われます。改めて、1週間後、その画像をUPする予定です。

 因みにこのノウゼンカズラは、30年ほど前の京都府教育会館の剪定枝。その後間もなく、府庁建て替えのために伐採されましたが、我が家で大きくなっています。
 このノウゼンカズラは、ツバキの木を支えに蔓を伸ばしています。2017,4の椿の記事

ノウゼンカズラ開花-1

ノウゼンカズラ開花ー2
 ◆咲きかけたノウゼンカズラ(2017,6,29)

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

巨大化した「コノテヒバ」の剪定

 一昨日ブログアップした「コノテヒバ」を見て、「これがコノテヒバ? え~」と思われた方もおられると思います。
 コノテヒバは、うちわ状の葉が重なり、外へ外へと大きくなります。
 20年以上前に植えた「コノテヒバ」が3~4mまで成長し、巨大化していました。
 小さくしたいが中心部は枯れているので、深く刈り込むと新しい葉の萌芽は望めず、枯れてしまいます。
 ネットで剪定方法を調べても、「小まめに緑の葉を残して刈り込む。」としか書いていません。
 ならば、台杉のような仕立てができないかと、3年前に先端部分と幹から出ている萌芽だけを残し、バッサリと整枝しました。
 翌年、その萌芽が生長したので、次は、先端部分をバッサリとカット。今では、どう見ても「コノテヒバ」には見えません。
 
このてひば?

このてひばの剪定
 ◆巨大化した「コノテヒバ」(2014~現在)

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

将来に向けて、終活もそろそろ

 今月始めにサザンカなどの生垣の剪定作業に行いましたが、ツツジなどの剪定がまだできていません。
 今月誕生日が来て、遂にもう60代。もうそろそろ終活を考えないといけないと思っています。
 終活とは、「残りの人生をよりよく生きるため、葬儀や墓、遺言や遺産相続などを元気なうちに考えて準備する」ことですが、自分は、それよりか負の遺産を残すことが心配です。
 30代に新築して、家の周り中に生垣など沢山の木を植えましたが、今では、どれもが大きく成長し、剪定などに相当の労力を費やしています。木製のフェンス等の塗装、除草作業など、厄介な園芸作業も好きだからできていること。
 琵琶湖で拾ってきた流木など、自分にとっては使い方次第で宝物になっても、ゴミはゴミ。このようなものを元気なうちに、管理しやすいように、また処分していくことを考えないといけない。」と、思っています。
 昨年、ガーデニングをお手伝いする仕事を起業して、これから事業拡大を進める一方で、マイガーデン管理には、ナチュラルな雰囲気を残し、手間がかからないようにという「ネガティブ」ではできない難しい課題です。

サザンカの剪定とアジサイ
 ◆家の裏のサザンカの生垣とアジサイ

サザンカの剪定とこのてひば
 ◆家の前のサザンカとコノテヒバの生垣

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

日照り続きのアジサイ

 日照りが続いていましたが、明日からの週間天気予報は、傘マークが並びます。ジメジメした日になりますが、アジサイにとっては嬉しい雨になりそうです。
 先日の雨でアジサイは、息を吹き返し、上を向いて咲いていた柏葉アジサイは、もうすっかり頭を下げ、眩しい太陽に輝いていました。

日照りの柏葉アジサイ
 ◆日照りの柏葉アジサイ (2017,6,24)

日照りのアジサイ
 ◆日照りのアジサイ (2017,6,24)

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

コリウスのハンギングバスケット

 今月初めにコリウスを使ったハンギングバスケットの講習を行いましたが、そのハンギングのコリウスは凄い勢いです。
 日々草などの花を覆い、バランスが崩れてきたのでバッサリと切り戻しました。

コリウスのHB-1
 ◆コリウスが茂ったハンギングバスケット(2017,6,23)

コリウスのHB-2
 ◆切り戻したハンギングバスケット(2017,6,23)

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。 

ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

プロフィール

しんご

Author:しんご
「私のガーデニング2」へようこそ!

1957年滋賀県生まれ、男性
◎ハンギングバスケットマスター
  (日本ハンギングバスケット協会)
◎花育アドバイザー
  (全国花育活動推進協議会)

ホームページ「私のガーデニング」(2002年~2015年)もご覧ください。
 http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/

最新記事
ガーデニングブログ検索とランキング
★お気に入りいただけた記事や画像がありましたら、よろしければ1日1回クリックして応援ください。ハンギングバスケットやガーデニングの人気ブログも御覧いただけます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム