私のガーデニング2

私のガーデニング2 TOP  >   (コンテスト出品)

みずの森、春の作品募集

 「草津市水生植物公園みずの森」では、毎年、春と秋に「ハンギングバスケット&コンテナ展」が開催されており、「第40回ハンギングバスケット&コンテナ展」(4月18日から5月5日)に当たり、作品募集が3月18日から4月9日まで行われます。
 出品部門は、一般部門、マスター部門および一鉢グランプリ。
 ガーデニングを楽しんでおられる滋賀県またはお近くにお住まの方、出品してみませんか。
 詳しくは、「みずの森」のHPをご覧ください。

「みずの森」春の作品募集
 ◆募集チラシと昨年の出品作品(2016,4)

草津市水生植物公園みずの森」のHPにリンク

ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

京都府立植物園「花詣」へのお恥ずかしい出品

 今日は、京都市内で行われた「大原ビックフェスティバル」という、ガーデニング資材関係メーカーが200社ほど出展するイベントに参加。
 こうした催しには昨年から数回出向いており、これまでは、まるでテーマパークに来たように見るもの見るものが新鮮で、欲しいものばかりでした。今日もその気持ちを抑えきれず、教室をそんなに開催するわけでもないのに、オシャレな鉢などを随分買ってしまいました。

 帰路、京都府立植物園で開催されている、ハンギングバスケットコンテスト展「花詣」へ。
 先日のブログで「自分らしくない変に派手で、凄いく恥ずかしいものを出品した」旨を記していますが、恥ずかしながらその趣味の悪いどうかしている作品の画像を小さく掲載します。
 タイトルは、「明日への幸福」としましたが、どう見ても「マツケンサンバ」。
 ブログを見られている方の「え~」という声が聞こえてきそうですので、次は名誉挽回です。

〇イメージ段階では、まだ良かったのに、何で・・・ リンク
 
2017花詣
 ◆京都府立植物園の「花詣」展示(2017,1,18)


にほんブログ村

電気の傘をハンギングバスケットに

 「淡路夢舞台のハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテストに出展しているハンギングバスケットのバックと容器はどうなっているんですか。」と、お問い合わせをいただいております。
 淡路の会場でも聞かれましたが、「電気の傘」を使っています。
 今回のテーマが「ジャパネスク―伝統がモダンを生む」というもので、「和のデザインパターン・形」「色」「素材感」等を用い「伝統からモダン」を生み出すというものだったので、ニトリの生活家電・照明売場で見つけた「電気の傘」を使いました。
 今までから、竹や籐の籠はハンギングに使われていますが、麻糸のようなもので作られた半球形がとても綺麗でオシャレと感じました。

 今回、ハンギングの資材に新品を使いましたが、リサイクルショップには、結構おもしろいものがあり、少々壊れていても異なる目的で使えば立派なガーデニング資材になります。その上、お安く手に入ります。

 「電気の傘」の中には、伊藤商事のハンギングバスケット容器「スリットバスケットSLT-25」と「エレガンスバスケットWB-30」を使っています。
 ○伊藤商事のハンギングバスケット容器 → リンク
 ○コンテスト出展作品 → リンク

あわじコンテスト作品のバック
 ◆ 淡路の「ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト」作品のバック(2016,10,23)


にほんブログ村

全国花のまちづくりコンクール表彰

 今日は、東京都内で「第26回全国花のまちづくりコンクール表彰式」及び「交流会」が行われ出席しました。
 本コンクールでは、市町村、団体、個人、企業から1,868件の応募があり、前回(4年前の第22回)と同じ優秀賞をいただきました。
 今回「大賞」を受賞された個人の3つは、花のまちづくりで地域社会を変えるまでの取組と評価されており、市町村や団体の取組を超えるようなすばらしいものでした。
 
 この表彰受賞や他地域との交流を機会に、我がまちにおいて、花のまちづくりに思い入れがある方や団体、市行政と連携や支援をしていただきながら、少しでも花で潤うまちづくりができればありがたいと思っています。

 ○全国花のまちづくりコンクールのHP(表彰式の様子)  → リンク

花のまちづくりコンクール表彰式
 ◆第26回全国花のまちづくりコンクール表彰式の様子(2016,10,26)

2016オープンガーデンの画像
 ◆冊子に使われた2016オープンガーデンの画像(2016,10,26)


にほんブログ村

「あわじガーデンルネサンス」への出展

 兵庫県淡路市夢舞台で開催されている「第6回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト」に出展しています。
 今日は、その表彰式で高速を飛ばし行ってきました。

 今回のテーマは、「ジャパネスク―伝統がモダンを生む」というもので、「和のデザインパターン・形」「色」「素材感」等を用い「伝統からモダン」を生み出すというものです。テーマが難しすぎて、一般的なコンテストのように「ストライクゾーンにいい玉を投げればいい」というものでありませんでした。

 結果は、昨年に引き続き「ハンギング部門」で1位となりましたが、その上の部門を合わせた「大賞(知事賞)」が該当なし、「コンテナ部門」は、1位も該当なしという結果でした。出品数が少なく、主催者が理想としていたモダン性に欠いたとして、大賞が見送られたことについて自分には大変ショックで、頂いていながら喜べない授賞式への参加となりました。

 因みに、自分の作品の題名は、『 FUIRI 』。
コンセプトは、「和が奏でる伝統の美、日本庭園のように、モノカラーで「和の空間」を誘います。花嫁衣装のような鮮やかさはありませんが、明度、彩度の異なる草花や葉の形が違うものを組み合わせました。
  特に目立った花は入っていませんが、2基のバスケットに流れと統一感を持たせ、形や大きさが違う斑入りのリーフを主にまとめました。そして、夢舞台の会場やビル街での装飾を意識し、柔らかな山里を感じる寄せ植えを「籠と鉄筋」のコラボでモダンさを表現しています。」としました。
 ○奇跡の星の植物館HP  → リンク
 ○奇跡の星の植物館HP(入賞作品決定) → リンク

あわじコンテスト作品
 ◆ 「あわじガーデンルネサンス」コンテスト作品(2016,10,23)


にほんブログ村

「みずの森」のハンギングバスケット展示作品

 「草津市水生植物公園みずの森」で開催されている「第39回ハンギングバスケット&コンテナ展」の作品の花柄摘みに行ってきました。
 コンテスト展示作品となれば、普通は手をふれないものですが、みずの森では、日本ハンギングバスケット協会(JHBS)滋賀支部会員が展示期間中、いつも綺麗な状態を保つため、花柄を摘んでいます。 今日は、その当番の日でした。
 下の画像は、出品作50数点のうち、JHBS滋賀支部会員のハンギングバスケットです。
 なお、今回のコンテストで「JHBS理事長賞&草津市長賞」を受賞したのは、木里美幸さん(左の1番上の画像)でした。

39回みずの森1

39回みずの森2

39回みずの森3
 ◆「みずの森」コンテストにおけるJHBS滋賀支部会員の作品(2016,10,4)


にほんブログ村

「みずの森」コンテスト

 昨日、「草津市立水生植物公園みずの森」の「ハンギングバスケット&コンテナ展」に作品を出品しましたが、本日、審査され、結果が発表されました。
 出品数は、年々減少し、ピーク時の約半分、51点だったようです。ただ、みずの森コンテストの出品作は、レベルが高いとも言われており、自分にとっては、斬新な装飾アイデアが提案できる、技術向上の場となっています。

 結果の方は、春と同じ「金賞」で、リベンジができませんでした。
 
 テーマは、「月に照らされて」とし、ブルーのアスター、赤葉センニチコウ、ヒペリカム、トウガラシ、ヤブコウジ、パープルファウンテングラシ、他4種類の銅葉を植え込みました。バックに比べ、ハンギングそのものがシンプルなので、中心部に大きな花を2株ほどプラスできればよかったと思っています。

 ○審査結果 → リンク

39回みずの森コンテスト作
 ◆「みずの森」出品作(2016,10,1)


にほんブログ村

第26回全国花のまちづくりコンクール審査結果

 本日、「第26回全国花のまちづくりコンクール」審査結果が発表されました。
 このコンクールは、花のまちづくりを国民的な市民運動として普及、定着させるために、全国各地で取り組まれている花や緑による優秀な活動を顕彰し、広く紹介するためのものです。

 今回、応募は、市町村、団体、個人、企業から1,868件あり、大賞(農水大臣賞・国交大臣賞)4件、優秀賞(花のまちづくりコンクール推進協議会長賞)9件、奨励賞( 花のまちづくりコンクール審査委員会賞)13件、入選66件など、計93件が選定されました。

 気になる結果ですが、残念ながら前回(第22回)と同じく「優秀賞」で、「大賞」にあと一歩及びませんでした。

 コンクールは、コンクールとしまして、花のまちづくりにつきましては、花のまちづくり先進市町村のように、行政や関係者との連携・コラボによる更なる取組が出来ますよう、ご支援とご協力を賜りますれば幸いです。

2016オープンガーデン こども
 ◆2016オープンガーデン開催時の画像(2016,5)

 ○全国花のまちづくりコンクール → リンク
 ○第26回 全国花のまちづくりコンクール 審査結果 → リンク
 ○花のまちづくり優秀賞の内容 → リンク

 
にほんブログ村

「みずの森」秋のコンテスト作品募集

 暑い夏が終わり、待ちに待った秋のガーデニングシーズンを迎えます。
 「草津市立水生植物公園みずの森」では、毎年、春と秋に「ハンギングバスケット&コンテナ展」が開催されており、「第39回ハンギングバスケット&コンテナ展」の作品が募集されます。出品してみませんか。
 募集受付は9月1日から10月1日まで。展示期間は、10月4日から16日まで。
 出品部門は、一般部門、マスター部門の他に、初心者のための一鉢グランプリ部門もあります。
 詳しくは、「みずの森」のHPをご覧ください。 → リンク

みずの森2016秋の作品募集
 ◆「みずの森」の秋の作品募集チラシと2015秋の出品作(2015秋)

みずの森秋のコンテスト(2012-14)
 ◆「みずの森」の2012~2014 秋の出品作(左:2012、上:2013、下:2014 )


にほんブログ村

花フェスタ 2016 i n 愛の田園コンテスト

 「花フェスタ2016 in 愛の田園コンテスト」が滋賀県東近江市の道の駅「マーガレットステーション」で開催されています。
 会場には、マスターの部、一般の部に分け、コンテナガーデン、ハンギングバスケットの出品作55作品が展示されています。

 この時期、全国各地で、ハンギングバスケット展が開催されていますが、ハンギングは、技術レベルが高く、コンテナは、一般の方から、アクセサリーなどをうまく使った楽しい作品が多いのが特徴。ご覧になった方が、作ってみたいなと思える作品揃いです。

 マーガレットステーションでは、大勢の人から「GWのオープンガーデンに寄せていただきました・・・」とか、「マーガレットステーションで作品観てきましたよ・・・」と嬉しいお言葉をいただいております。

 展示は、29日まで。お近くの方は、是非、道の駅「マーガレットステーション」でご休憩を。

2016マーガレットステーション

2016マーガレットステーション2
  ◆「花フェスタ2016 in 愛の田園コンテスト」会場(2016,5,21)

<
にほんブログ村

マーガレットステーション出品

 マーガレットステーションの「花フェスタ2016 in 愛の田園コンテスト」が開催され、29日まで展示されます。
 コンテストは、自分の技術を磨き、斬新で新たな装飾アイディアの提案の場でもあります。

 でも、オープンガーデンで春先から植込みを続け、完全に燃え尽き、斬新な作品を作ろうという気合いが余り入らず、オープンガーデンの展示物を一部利用しました。

 今日は、作品の搬入日。作品を車に積み込んでも、写真を撮っても、作品に「ときめき」がありません。
 午後から審査が行われましたが、なんとか入賞したといったようなものでした。気合いを注入して、次、頑張ります。

2016オープンガーデン 和装飾
 ◆オープンガーデンの展示を終えた和の装飾(2016,5,6)

2016マーガレットステーション
 ◆マーガレットステーションへコンテス出品(2016,5,21)

<
にほんブログ村

「みずの森」2016春のコンテスト展示

 「草津市水生植物公園みずの森」で開催されている「第38回ハンギングバスケット&コンテナ展コンテスト」。マスター部門、一般部門に50数点が出品されています。
 「日本ハンギングバスケット協会(JHBS)」滋賀支部は、展示期間中、いつも綺麗な状態を保つため、花柄摘みを行っています。
 今日は、その当番の日。下の画像は、50数点のうち、JHBS滋賀支部会員のものです。
 今回のコンテストの「JHBS理事長賞&草津市長賞」は、戸田美紀代さんが受賞されました。

38回みずの森コンテスト

38回みずの森コンテスト1

38回みずの森コンテスト2

38回みずの森コンテスト3

38回水の森コンテスト4
 ◆「みずの森」コンテストにおけるJHBS滋賀支部会員の作品(2016,4,16)


にほんブログ村

「みずの森」2016春のコンテスト

 「草津市立水生植物公園みずの森」において、「第38回ハンギングバスケット&コンテナ展コンテスト」が開催され、出品しております。
 滋賀県内外のマスターなどから、春を感じる力作が50数点出品・展示されており、展示期間は、4月12日~5月5日まで。

 自分の作品は、「フランネルフラワー」を主体とし、容器を2つ利用。「フランネル」を活かしたいと、全体の色合い、花材をシンプルにして、春の訪れを表現したもの。
 花材は、フランネルフラワー、ペチュニア、ヘレクリサムの花と、ヘデラ、カレックス、キンギョソウ、斑入りツルニチニチソウ、コウロスマなどのリーフを組み合わせたもの。
 因みに、コンテスト結果は、「金賞」でした。次回頑張ろう!

「みずの森」38回コンテスト
 ◆「みずの森 第38回コンテスト」出品作(2016,4,10出品前)

「草津市立水生植物公園みずの森」ホームページにリンク


にほんブログ村

春の「みずの森コンテスト」

 寒い冬が終わり、待ちに待った春のガーデニングシーズンを迎える。
 「草津市水生植物公園みずの森」では、毎年、春と秋に「ハンギングバスケット&コンテナ展」が開催されており、「第38回ハンギングバスケット&コンテナ展」の作品募集の案内が始まった。
 募集受付は3月20日から。展示期間は、4月12日から5月5日まで。
 出品部門は、一般部門、マスター部門の他に、今回から、一鉢グランプリ部門が設けれた。

2016みずの森コンテスト作品募集
 ◆募集チラシと昨年の出品作品(2015,4)

みずの森出品作
 ◆みずの森2011春、2013春に出品したシンプルな作品(2015,4)

 コンテナガーデンなど、ガーデニングを楽しんでおられる滋賀県またはお近くにお住まの方で、コンテスは、とてもとてもとお思い方は、今回設けられた「一鉢グランプリ部門」にチャレンジしてみませんか。

草津市水生植物公園みずの森」のHPにリンク


にほんブログ村

2015コンテスト出品作

 今日も朝からハンギングバスケットをいくつか作成。
 日本のハンギングバスケットは、大阪で行われた花博の頃から街で見かけられるようになり、今では、歴史有るイギリスなど、欧米諸国のハンギングバスケットとちがった日本の四季折々の花を使った多様で日本文化が活かされたスタイルのハンギングバスケットが街に装飾されてきている。

 画像は、2015年に出品したハンギングバスケットやコンテナガーデンコンテストの4作品。10年ほど前は、コンテストが近づくとワクワク。今では、アイデアが浮かばないとストレスを溜め込むばかり。来年も癒やしと適度のストレスを感じながら、斬新で多様な装飾アイデアが提案できればと思っています。

2015コンテスト
◆左上:2015,5(みずの森)
 「第36回ハンギングバスケット&コンテナ展(マスター部門)」【最優秀賞】
◆右上:2015,5(あいとうマーガレットステーション)
 「花フェスタ2015 in 愛の田園コンテスト(マスター部門)」【優秀賞】
◆左下:2015,10(みずの森)
 「第37回ハンギングバスケット&コンテナ展(マスター部門)」【銀賞】【人気投票1位】
◆右下:2015,10(奇跡の星の植物館)
 「第5回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト(ハンギングバスケット部門)」【1位】



にほんブログ村

プロフィール

しんご

Author:しんご
「私のガーデニング2」へようこそ!

1957年滋賀県生まれ、男性
◎ハンギングバスケットマスター
  (日本ハンギングバスケット協会)
◎花育アドバイザー
  (全国花育活動推進協議会)

ホームページ「私のガーデニング」(2002年~2015年)もご覧ください。
 http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/

最新記事
ガーデニングブログ検索とランキング
★お気に入りいただけた記事や画像がありましたら、よろしければ1日1回クリックして応援ください。ハンギングバスケットやガーデニングの人気ブログも御覧いただけます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム