私のガーデニング2

私のガーデニング2 TOP  >  2016年06月
月別アーカイブ  [ 2016年06月 ] 

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

恵心院のノウゼンカズラ(宇治市)

 宇治の花寺といえば『三室戸寺』が有名ですが、宇治川のほとり、朝霧橋のたもとに「花の寺」 とも呼ばれる『恵心院』があります。
 『恵心院』は、小さいお寺ながらヤマブキ、アジサイ、ノウゼンカズラなど、どの季節でも花が咲いており、静かで心が和む宇治の隠れた花の名所です。
 宇治まで来たので、このお寺の『ノウゼンカズラ』が見たくて訪れたものの、少し早かったようです。

恵心院1

恵心院2
 ◆恵心院のノウゼンカズラなどの花々(2016,6,30)


にほんブログ村

近江八幡市のW邸の花庭2

 5月15日のバラの時期に掲載したW邸の花庭です。このお宅は、大通りに面し、毎日数回、通りかかっているところ。
 バラが終わったと思えば、主役は、紫陽花に。アクセサリー、小物も手作りで、ファミリーで楽しんでおられるようで、楽しそうなガーデンです。
 額縁コンテナのバーベナも、ピアノ容器のナデシコもずーと、綺麗です。
 5月15日の記事→ リンク

近江八幡市W邸庭4

近江八幡市W邸庭3

近江八幡市w邸庭2
 ◆近江八幡市のW邸の花庭(2016,6,28)


にほんブログ村

咲きかけた「ノウゼンカズラ」の花

 梅雨も後半、週間天気には晴れマークがありません。
 そんな鬱陶し中、我が家のシンボルツリー、『ノウゼンカズラ』が咲きかけてきました。あと1週間で満開です。

ノウゼンカズラは、漢字(中国)で、『凌霄花』」と書き、 『凌』」は、「しのぐ」。『霄』」は「大空」という意味。ツルをからませる樹を凌ぎ、大空に向かって咲く様を表現しているとのこと。

 我が家のノウゼンカズラは、30数年前に京都府庁に植わっていた樹の剪定枝を挿し木したものです。
 最初は、2m余りの椿の樹にツルを這わせていたが、ツルがどんどん伸びて折れたことから、長いポールで補強しているので、今では2階のベランダを超えています。
 
 もうすぐ夏本番。このノウゼンカズラが緑のカーテンとして、ギラギラと照りつけ、焼き尽くす直射日光を遮り、夏の厳しい暑さを和らげ、心地よい環境と景観をもたらしてくれます。

ノウゼンカズラ1

ノウゼンカズラ2
 ◆咲きかけたノウゼンカズラ(2016,6,27)


にほんブログ村

湖畔のシャーレ水ヶ浜(近江八幡市)

 琵琶湖の湖畔、水ケ浜に立つログハウス風のカフェ「シャーレ水ヶ浜」。
 テラスからは、水平線が望め、爽やかな風と波の音・BGMが感じられる。
 岸辺に咲く紫陽花などの花々、古木など自然の素材で作った大型の花の植え込み、そして、冬に使う暖炉の薪が積まれた風景もいい感じでした。
シャーレ水ヶ浜

シャーレ水ヶ浜2
 ◆シャーレ水ヶ浜(2016,6,26)


にほんブログ村

八百一の郷 六角農場(京都市)

 先日の京都文化博物館の帰り、ビルの屋上に農場がある、青果店「八百一」の本館に立ち寄りました。
 あいにく、3Fのレストランと喫茶が定休日ではあったが、農場(野菜畑)は見ることはできました。
 ここは、京都のど真ん中。ビルの屋上で青果店が野菜が育っているところまで見せています。
 子供たちに野菜と触れる楽しさ、食べる豊かさを伝えたいという食育の場でもあるようです。

 生産と消費が遠ざかり、子ども達に「食と農に関する知識」を深めるためにも、このような野菜畑もいいですね。
 
八百一のHP(六角農場) → リンク 

八百一農場1

八百一農場2
 ◆八百一の郷 六角農場(屋上の野菜畑)(2016,6,22)


にほんブログ村

京都梅小路公園の花壇(京都市)

オープンガーデンに京都からご来園いただいた、花のまちづくりのボランティアグループ「京都みどりクラブ」が京都梅小路公園(遊具前)花壇を管理されているので、昨日、博物館からの帰りに見せていただきました。
 その花壇は、綺麗にデザインされ、季節の花々が咲き誇っており、大勢の子供達、親子、お年寄りが集まるコミュニティ空間となっていました。
 このグループからは、この花壇のプラニングと維持管理、そして、福祉施設などで押し花などクラフト作りの出張園芸等活動をしていると聞いていましたが、会員それぞれの持ち味を活かしながら、「花のまちづくり」のための取組をしている場面(これほど綺麗な花壇)を見ると、志を同じくするものとして嬉しく思います。

京都梅小路

京都梅小路公園2
 ◆京都梅小路公園内の花壇(2016,6,22)


にほんブログ村

英国に集う花々(京都文化博物館)

 京都文化博物館で6月26日まで『イングリッシュ・ガーデン(英国に集う花々)』が開催されています。
 植物の自然な成長を活かしながら生活空間に美しく溶け込ませるイングリッシュ・ガーデン。
 イングリッシュ・ガーデンに見る美しい植物の貴重な植物画など、世界遺産 キュー王立植物園所蔵のものが多数展示・公開されています。
 イングリッシュ・ガーデン人気なんでしょうか、大勢の入場者でした。
 なお、博物館だけに画像もなく、面白そうなコメントも書けそうにありません。

京都文化博物館2
 ◆京都文化博物館イングリッシュ・ガーデン会場入り口にて(2016,6,22)


にほんブログ村

「知らなかった」では済まない

 オープンガーデンを彩った畑ゾーンの花が種を付けております。
 畑ゾーンは、基本こぼれ種と宿根草。種を採取して、ご希望の方に差し上げています。
 ただし、喜んでいただければ良いというものでなく、種苗には、種苗法で育成者権が保護されているものがあり、無断で繁殖することが違法となります。花苗のラベルにPVPマークや「農林水産省種苗登録品種(又は申請中)として、無許可で増殖及び販売を禁止しています。」と書いているものも少なくありません。
 「趣味の範疇で、人に差し上げるくらいだから・・・」というのは、グレーゾーンということに。ご注意を。

 この他、『オオキンケイギク』のように、 「特定外来生物」に指定され、運搬、販売、栽培が規制、駆除の対象となってものがあります。
 かつては、緑化植物として推奨され、私の住む近くでも道路の土手等、法面の補強のためにこの花の種を播いたようですが、今、このようなことをすれば懲役もしくは罰金刑が科せられます。
 繁殖して「イエローロード」となった景観は、綺麗ではありますが、知らずの持ち帰って植えないように、こちらもご注意ください。

オオキンケイギク1

オオキンケイギク2
 ◆道路の法面、歩道に咲く 「特定外来生物」に指定されている『オオキンケイギク』(2016,5,19)


にほんブログ村

高嶺の花に魅せられて

 来月行う講演のパワーポイントを編集しています。
 『花の魅力でまちづくり』というテーマであることから、豊かな自然や記憶に残る風景をたっぷり観ていただいて、楽しいガーデニングや、花育、そして地域のコミュティにつながる花のまちづくりについてお話ができればいいなと考えています。

 自分が花に興味をもった原点は、自然豊かなふるさとの風景。そして自分が理想とするガーデンは、登山で出会った花風景のような気がします。

 若い時とちがって、日本アルプスの稜線の花畑を駆け巡れそうにありませんが、まちにそのような花畑を感じる風景があちこちにできればいいなと思っています。

飯豊連峰の花1

飯豊連峰の花
 ◆東北・飯豊連峰の花(エーデルワイスなど)(1993,7,27)

リンク → 「私のガーデニング」の高山植物


にほんブログ村

長命寺の石段・紫陽花(近江八幡市)

 琵琶湖の湖畔、808段の石段を登る。聖徳太子ゆかりのお寺、「紫陽花寺」とも呼ばれる西国33番所、第31番札所『長命寺』。
 
 夏山登山をしていた頃は、この石段はトレーニングコース。走って石段を登り、車道を下っていました。
 最近は、通勤していた時のように歩いたり、階段を上り下りすることがなくなったことから、先日より、時々ちょっときつい早朝散歩をしています。紫陽花が咲きかけてきました。

長命寺1

長命寺2
 ◆梅雨時期の長命寺(2016,6,18)


にほんブログ村

もりやま芦刈園(守山市)

 「もりやま芦刈園」は、地域の特性を活かし、水辺に親しめる公園として平成6年3月にオープン。日本と西洋の紫陽花100種、1万本を観ることができます。
 「守山市シルバー人材センター」が指定管理者に指定され、管理されているようです。
 昨日のブログで、「紫陽花は、シンプルな青色がいい」と言っていながら、ここの紫陽花は、カラフルに咲き誇っています。

芦刈園1

芦刈園2
 ◆もりやま芦刈園の紫陽花(2016,6,17)


にほんブログ村

紫陽花の季節

 梅雨に入り、今日は1日中しとしとと雨が降っていました。
 我が家のガーデンの奥には、柿などの果樹があり、その下には、紫陽花が植わっています。その紫陽花も一雨毎に色づき、当たりを青く、紫に、ピンクに染めてきました。

 因みに、紫陽花の花色は、品種にもよりますが、土が酸性だと青くなり、アルカリ性だと赤くなります。日本の土壌は、ほとんどが酸性土壌であることから青色の紫陽花が多いようです。

 色鮮やかな紫陽花、色んな紫陽花もいいが、やっぱり「明月院」のように雨に似合う青一色の紫陽花がいいな・・・

紫陽花2

紫陽花1
 ◆色づくアジサイ(2016,6,16)


にほんブログ村

20年前の花庭

 家を建て替えて20数年が経過し、庭の木もどんどん成長、コニファーなんかは、大きくなりすぎて既に伐採をしてしまっています。
 当時、よかろうと思って設置したブロック塀と和の前栽。そして、紅カナメやツツジ・サツキの生け垣という、農村部では、ごく当たり前の庭。
 今となっては、ブロックなど工作物だけは何ともならないものの、もっともっと自然らしく、管理しやすく、憩えるに庭に引き算をして、改良したいものです。
 
アリアムギガンチューム1

アリアムギガンチューム2
 ◆当時、シンプルだった玄関横と畑ゾーン(奥)。ランダムに植え込んだギガンチュームとワンポイントのアクセサリー(20年前)


にほんブログ村

晴耕雨読

 退職して2ヶ月半。オープンガーデンを終えて1ヶ月が経ち、近頃は、『晴耕雨読』といったところ。
 今までは、趣味でしていた園芸、プロみたいですねと言われてやってきたガーデニング。それを本格的な仕事にすること、また、更なる「花のまちづくり」をするのは、そう容易ではありません。
 やりたいことがいっぱいありますが、そのためには、しばらく色々と勉強しながら準備期間となりそうです。
 先ずは、「寄せ植え教室」ができる建屋の整備。壊れかけた小屋をお金をかけずにビフォーアフターを・・・
 天気が悪いときは、パソコンやガーデニング雑誌でも・・・
 
ガゼボで読書
 ◆雨の日は、ガゼボで(2016,6,14)


にほんブログ村

宮荘町田園のアジサイ(東近江市)

 東近江市の田園地帯、宮荘川周辺でアジサイが見ごろとなっています。
 このアジサイは、同市の「宮荘町環境保全協議会」が平成19年度から農水省の「農地・水・環境保全向上対策事業」を活用し、河川沿いの約300mの両岸に、桜とアジサイの苗木を植樹されたもの。
 雨が降る鬱陶しい日でしたが、田園地帯にアジサイが映えており、「ハグロトンボ」が沢山いて、写真を随分撮ってしまいました。

 なお、我が町においても、この事業を活用して、町内の自治会、改良組合、営農組合、老人会、婦人会、PTAなど13団体で協議会を構成し、農地や農道、用排水路の維持管理をはじめ、ゴミ拾い、菜の花、シバザクラの植え付け・管理、子供会の水路での生物観察などを行っています。
 それにしても、このトンボは、何だろう?
 
宮荘川アジサイ1

宮荘川アジサイ2
 ◆宮荘川周辺のアジサイ(2016,6,13)

宮荘川アジサイ3
 ◆ハグロトンボ(2016,6,13)


にほんブログ村

八菓市庭緑 いせとう(東近江市)

 八日市インターの近く、八風街道沿の洋菓子店「いせとう」。
 先日、歴史ある桜並木と庭園があるこの店前を通りがかり、今日は、妻を誘ってカフェで一時を楽しむ。
 この時期は、アジサイなどの花々が咲いており、癒されるところでした。

いせとう1
 ◆八菓市庭緑 いせとう(2016,5,30)

いせとう2
 ◆八菓市庭緑 いせとう(2016,6,11)


にほんブログ村

三室戸寺のアジサイ(宇治市)

 宇治に来たがこのまま帰るのは勿体ない・・・と、アジサイの「三室戸寺」へ。
 三室戸寺の大庭園は、四季おりおりに花が咲き、一名『花の寺』とも言われており、この時期は、1万本のあじさいが木立のある大庭園を埋め尽くしています。
 今日も梅雨の晴れ間、陽がさす暑い日となり、アジサイと撮影には、余り良くありませんでしたが、凄い人でした。

三室戸寺1

三室戸寺2

三室戸寺3
 ◆三室戸寺のアジサイ(2016,6,10)


にほんブログ村

イワタバコの花

 鬱陶しい梅雨、岩に植えている 「イワタバコ」が、今年も花茎を伸ばし、紫色の星形の可憐な花を咲かせました。
 転勤で東京で働いていた30年ほど前、横浜・鎌倉に暮らし、週末には、鎌倉の寺院の花々を楽しんでいました。
 「イワタバコ」は、人や植物を寄せ付けない切り立った岩場に根を張り、大きな葉を垂らし、花を付けます。
 その30年ほど前に鎌倉で買ったイワタバコの苗は、毎年、花が咲き、今でも、鎌倉の「明月院」「東慶寺」といったところの 「イワタバコ」が咲く風景が目に浮かびます。

イワタバコ2

イワタバコ1
 ◆イワタバコ(2016,6,9)


にほんブログ村

思い切って、切り戻し

 ペチュニアのハンギングバスケットが8器、ゴールデンウィーク前から綺麗に咲き続けています。
 とは言うものの、花茎が随分伸びていることから、秋まで長期間花を楽しむために思い切ってバッサイと切り戻しをしました。
 
 花が沢山咲いていると、茎を切るのは思い切りが必要で、切り戻しの遅れが株を弱らせ、ハンギングとしての寿命を短くしています。
 順次8器のペチュニアを切り戻し、カットした茎や花は、飾ったり、挿し木をしています。

ペチュニア2
 ◆ペチュニアのハンギングバスケット(2016,ゴールデンウィーク)

ペチュニア1
 ◆ペチュニアの切り戻し(2016,6,8)


にほんブログ村

和の寄せ植え、アスチルベ

 数年前に寄せ植えした「アスチルベ」が咲きかけました。いつもは、半日陰のところに放置しているものの、毎年、綺麗な新芽を出し、この時期に花をつけ、和の空間に調和しています。
 梅雨時期の花やシェードガーデンの花は、どうしてこんなに繊細で綺麗なのでしょう・・・

アスチルベ1

アスチルベ2
 ◆シェードガーデンに映える「アスチルベ」(2016,6,5)


にほんブログ村

「むしゃりんどう」のまち(近江八幡市)

  「むしゃりんどう」の発見地、近江八幡市武佐町。武佐町会館や武佐本陣など9カ所で「むしゃりんどう展」が行われています。
  「むしゃりんどう」は、シソ科の多年草で、本州の中部以北と北海道で自生し、夏に紫色の美しい花が咲き、名は、リンドウに似ており、この地で発見されたことに由来。
 住民の保存会が15年前から観賞用に栽培、展示されており、清楚でかわいい花。 展示は、12日まで。
 昨年、 「むしゃりんどう」が市の花に指定されたこともあり、苗を2鉢購入。果たして、育てられるかどうか・・・?

むしゃりんどう1

むしゃりんどう2
 ◆ 「むしゃりんどう展」(2016,6,6)


にほんブログ村

梅雨の晴れ間、柏葉アジサイ

 昨日、近畿地方が梅雨入りしたものの、今日はお昼からいい天気になりました。
 「柏葉アジサイ」が夕日を浴びて輝いています。
 そして、「アスチルベ」や「イワタバコ」の花が綺麗に、「ギボウシ」などの葉物が生き生きとしています。

柏葉アジサイ
 ◆夕日に輝く柏葉アジサイ(2016,6,5)


にほんブログ村

クラブハリエ 日牟禮カフェ(近江八幡市)

久しぶりに妻と「クラブハリエ」でお茶タイム。
赤煉瓦の「日牟禮館」の売り場・工房の奥には、 ガーデンと一体になった「日牟禮カフェ」があります。
四季の花々や木々の風景を眺めながら、ケーキを楽しみました。

クラブハリエ1

クラブハリエ2
 ◆クラブハリエ 日牟禮カフェ(2016,6,4)


にほんブログ村

梅雨入り、カシワバアジサイ

 6月に入り、梅雨の季節、アジサイの時期となりました。
 気象庁は今日4日、「近畿地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
 まもなく、天気は雨となりますが、 「カシワバアジサイ」がグリーンに映え、白い花が陽に輝いています。
 カシワバアジサイは、庭の中心部に植わっており、アーチからのガゼボを目隠しにしているものの、新芽から、花柄、紅葉が綺麗で、ガーデンの自然な風景をつくっています。

カシワバアジサイ1

カシワバアジサイ2
 ◆梅雨の季節に映えるカシワバアジサイ(2016,6,3)


にほんブログ村

「八幡学区まちづくり協議会」講演・講習のお知らせ

 「八幡学区まちづくり協議会人権部会」による「ガーデニング教室」が7月2日(土)に開催されます。
 自分が講師として、「花の魅力でまちづくり」と題した講演と、「ペットボトルを利用した寄せ植え講習」を行います。
 寄せ植え講習に使用する花材は、「ベゴニアとヘデラ」を予定。作品のイメージは、5月23日掲載の「ペットボトルでハンギングバスケット」のページをご覧ください。
 花の魅力を再発見いただき、花により家庭や地域でコミュニティーにつながる「花のまちづくり」をめざしています。

 お申し込み(お問い合わせ)は、八幡学区まちづくり協議会事務局(0748-32-2300)まで。
 (八幡学区まちづくり協議会ガーデニング教室)→リンク

八幡学区まちづくり協議会ガーデニング教室

八幡学区まちづくり協議会ガーデニング教室
 ◆八幡学区まちづくり協議会(八幡コミュニティセンター)でガーデニング教室リンク


にほんブログ村

5月を彩ったパステルイエローの花々

 4下旬から5月上旬のガーデンは、パステルブルーとともに、「モッコウバラ」のパステルイエローに染まりました。

パステルイエロー1

パステルイエロー2
 ◆2016オープンガーデンをパステルイエロー染めた「モッコウバラ」などの花々(2016,4-5)

(お知らせ)
 八幡学区まちづくり協議会(八幡コミュニティセンター)でガーデニング教室が7月2日(土)に開催されます。→リンク

<
にほんブログ村リンク

5月を彩ったパステルブルーの花々

 4~5月の「ブルーガーデン」を彩った「デルフィニウム」と「ボリジ」。「ルピナス」「ネモフィラ」「紫花菜」・・・
 そして、ホワイト系の「シャスターデージー」「オルラヤホワイトレース」・・・等々
 ホワイト、ラベンダー色など、ブルーの淡い同系色をプラスすることで、一面パステルカラーになりました。
 
 デルフィニウムが終わった以降、今、ガーデンは、ブルー系の花がなくなり、ホワイトガーデンとなっています。

パステルブルー1

パステルブルー2
 ◆2016オープンガーデンを彩った「デルフィニウム」と「ボリジ」(2016,4-5)

(お知らせ)
 八幡学区まちづくり協議会(八幡コミュニティセンター)でガーデニング教室が7月2日(土)に開催されます。→リンク

<
にほんブログ村リンク

プロフィール

しんご

Author:しんご
「私のガーデニング2」へようこそ!

1957年滋賀県生まれ、男性
◎ハンギングバスケットマスター
  (日本ハンギングバスケット協会)
◎花育アドバイザー
  (全国花育活動推進協議会)

ホームページ「私のガーデニング」(2002年~2015年)もご覧ください。
 http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/

最新記事
ガーデニングブログ検索とランキング
★お気に入りいただけた記事や画像がありましたら、よろしければ1日1回クリックして応援ください。ハンギングバスケットやガーデニングの人気ブログも御覧いただけます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム