私のガーデニング2

私のガーデニング2 TOP  >  2016年10月
月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

日本ハンギングバスケット協会の会誌に掲載

 日本ハンギングバスケット協会の会誌(2016,10 №70)に投稿文が掲載されました。
 内容は、「私のアイデア作品」のコーナーです。
 原稿依頼を一つ返事でお受けしたものの、自分なりに工夫を凝らしたつもりの作品には、会誌に掲載するほど特別のアイデアがなく、マスターさん達に役立つアイデアが思い浮かびません。
 結局、既に利用されている剪定枝などを更に有効活用できるよう、「果樹園、庭木、街路樹から大量に発生する剪定枝の有効活用と装飾」という内容で提案しました。

 日本ハンギングバスケット協会は、会員をハンギングバスケットマスター(当協会のハンギングバスケットマスター資格認定試験に合格し、認定を受けたもの)や協賛会員としておりましたが、普通会員も募集しています。
 ガーデニングのスキルアップを図りたいと思っておられる方、ハンギングバスケットに興味をお持ちの方なら、どなたでもいつからでもご入会できます。
 「ハンギングバスケットには興味があるが、マスター資格試験までは、とてもとても・・・」という方にお勧めです。

JHBS会誌(NO.70)
 ◆日本ハンギングバスケット協会の会誌(NO.70)(2016,10)

 日本ハンギングバスケット協会HP → リンク


にほんブログ村

賀茂神社「1275年式年大祭」の花飾り

 賀茂神社(近江八幡市)で「1275年式年大祭」が行われ、流鏑馬(馬上武芸)を観てきました。
 流鏑馬は、馬に乗って走りながら的に矢を放つもの。馬場を風を切って疾走する馬の上から、勇壮な武者姿の射手が次々に的を射り、詰めかけた観衆で大歓声が上がっていました。凄い迫力と多様な技でした。

 なお、拝殿の横に奉納した花装飾もお陰様で写真スポットになっていました。
 植木の前が安全かと考え配置しましたが、その植木が背後にあることで折角の空中装飾がぼやけてしまったのが残念、一つ勉強です。
 寄植え花材は、縁起の良い「ヤブコウジ(十両)」や「ストック」など。

賀茂神社への花飾り1

賀茂神社への花飾り2
 ◆賀茂神社への花装飾(2016,10,29)

○賀茂神社のHP → リンク


にほんブログ村

賀茂神社の1275年式年大祭(近江八幡市)

 明日(30日)、賀茂神社(近江八幡市)で「1275年式年大祭」が開催されます。
 賀茂神社は、「日本最古の馬の聖地」として信仰されており、大祭では、流鏑馬(馬上武芸)も行われます。

 なお、1275年式年大祭のお祝いに、拝殿横に花の装飾を奉納させていただきました。
 お近くの方は、勇壮な流鏑馬などをご覧いただき、序でに花の装飾も見ていただければ幸いです。

賀茂神社大祭1
 ◆賀茂神社の「1275年式年大祭」案内(2016,10,29)

賀茂神社大祭2
 ◆賀茂神社の御神馬と花装飾(2016,10,29)

○賀茂神社のHP → リンク


にほんブログ村

日比谷公園ガーデニングショー

 25日、日比谷図書文化会館(東京都内)で開催された「花のまちづくり事例発表会」に参加しましたが、嬉しいことに日比谷公園で「日比谷公園ガーデニングショー2016」が開催されていました。
 ハンギングバスケット部門は、100点近く出展されており、大きなコンテストですが、西日本から作品を持ち込みには遠いことからなかなか出展できません。関東方面のマスターさんの作品をゆっくり見せていただきました。

○ 日比谷公園ガーデニングショーのHP → リンク

日比谷公園ガーデニングショー1

日比谷公園ガーデニングショー2
 ◆日比谷公園ガーデニングショー2016(2016,10,25)


にほんブログ村

「花のまちづくり事例発表会」

 25日、日比谷図書文化会館(東京都内)で開催された「花のまちづくり事例発表会」に参加しました。
 事例発表は、大賞(農水及び国交大臣賞)を受賞された4名。
 審査委員長は、「どの方にも共通していえることは、花のまちづくりを極めた達人です。花のまちづくりは、きれいな花壇や美しい街並みができるだけでなく、多くの花の社会性と成果を生み出し、その結果、無形の社会資産を作り出している・・・」と評価しました。
 「今年は、例年よりも一段と高いレベルで大賞が決定した・・」というだけあって、その取組にはどれも「感動」しました。
 自分も22年に引き続き、今回も大賞候補に入りましたが、「こうした取組を我が町でやりたい。花のまちづくりで変えたい」という思いは変わりません。

 事例発表の次は、賀来宏和氏((株)グリーンダイナミクス代表取締役)による「花と緑が拓く日本~歴史に見る園芸文化大国の再生を目指して~」と題した講演でした。
 
花のまちづくり優秀事例発表
◆「花のまちづくり事例発表会」の様子(2016,10,25)

○大賞受賞者の取組(評価)の概要 → リンク


にほんブログ村

全国花のまちづくりコンクール表彰

 今日は、東京都内で「第26回全国花のまちづくりコンクール表彰式」及び「交流会」が行われ出席しました。
 本コンクールでは、市町村、団体、個人、企業から1,868件の応募があり、前回(4年前の第22回)と同じ優秀賞をいただきました。
 今回「大賞」を受賞された個人の3つは、花のまちづくりで地域社会を変えるまでの取組と評価されており、市町村や団体の取組を超えるようなすばらしいものでした。
 
 この表彰受賞や他地域との交流を機会に、我がまちにおいて、花のまちづくりに思い入れがある方や団体、市行政と連携や支援をしていただきながら、少しでも花で潤うまちづくりができればありがたいと思っています。

 ○全国花のまちづくりコンクールのHP(表彰式の様子)  → リンク

花のまちづくりコンクール表彰式
 ◆第26回全国花のまちづくりコンクール表彰式の様子(2016,10,26)

2016オープンガーデンの画像
 ◆冊子に使われた2016オープンガーデンの画像(2016,10,26)


にほんブログ村

秋の「あわじ花さじき」(兵庫県淡路市)

 23日、「淡路夢舞台」に行く途中、「あわじ花さじき」に立ち寄りました。
 「あわじ花さじき」は、明石海峡大橋の開通に合わせ、明石海峡大橋や神戸・大阪、関空の大パノラマが展望できる高原に設けられた15ヘクタールの花畑です。
 今の時期は、サルビア、コスモス、ブルーサルビアなどが彩っています。
 ○あわじ花さじきHP → リンク
あわじ花さじき1

あわじ花さじき2
 ◆あわじ花さじき(2016,10,23)


にほんブログ村

奇跡の星の植物館(兵庫県淡路市)

 23日、兵庫県立淡路夢舞台で開催されている「第6回ハンギングバスケット・コンテナ展」の表彰式のため、同内の「奇跡の星の植物館」に行ってきました。
 「奇跡の星の植物館」では、現在、和の庭を“ジャパネスクガーデン”というテーマで、世界から注目されている先人達が作り上げた「日本文化」を、現代に生きるものの視点で見直し、伝統をモダンにアレンジする展示が行われています。
 当日、同館内では、表彰式の前に結婚式が行われていて、なかなかいい感じでした。

 なお、「第6回ハンギングバスケット・コンテナ展」の会場は、淡路夢舞台展望テラス5階「山回廊」です。

奇跡の星の植物館1

奇跡の星の植物館2
 ◆ 「奇跡の星の植物館」(2016,10,23)

 ○奇跡の星の植物館HP  → リンク
 ○奇跡の星の植物館HP(入賞作品決定) → リンク


にほんブログ村

「あわじガーデンルネサンス」への出展

 兵庫県淡路市夢舞台で開催されている「第6回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト」に出展しています。
 今日は、その表彰式で高速を飛ばし行ってきました。

 今回のテーマは、「ジャパネスク―伝統がモダンを生む」というもので、「和のデザインパターン・形」「色」「素材感」等を用い「伝統からモダン」を生み出すというものです。テーマが難しすぎて、一般的なコンテストのように「ストライクゾーンにいい玉を投げればいい」というものでありませんでした。

 結果は、昨年に引き続き「ハンギング部門」で1位となりましたが、その上の部門を合わせた「大賞(知事賞)」が該当なし、「コンテナ部門」は、1位も該当なしという結果でした。出品数が少なく、主催者が理想としていたモダン性に欠いたとして、大賞が見送られたことについて自分には大変ショックで、頂いていながら喜べない授賞式への参加となりました。

 因みに、自分の作品の題名は、『 FUIRI 』。
コンセプトは、「和が奏でる伝統の美、日本庭園のように、モノカラーで「和の空間」を誘います。花嫁衣装のような鮮やかさはありませんが、明度、彩度の異なる草花や葉の形が違うものを組み合わせました。
  特に目立った花は入っていませんが、2基のバスケットに流れと統一感を持たせ、形や大きさが違う斑入りのリーフを主にまとめました。そして、夢舞台の会場やビル街での装飾を意識し、柔らかな山里を感じる寄せ植えを「籠と鉄筋」のコラボでモダンさを表現しています。」としました。
 ○奇跡の星の植物館HP  → リンク
 ○奇跡の星の植物館HP(入賞作品決定) → リンク

あわじコンテスト作品
 ◆ 「あわじガーデンルネサンス」コンテスト作品(2016,10,23)


にほんブログ村

「きてかーな」で「寄せ植え」を販売2

 今日は、直売所「きてか~な」の秋まつりイベント。天候にも恵まれ大勢の人で賑わいました。
 「直売所で寄植えを販売すること。特に、高価なものをお買い求めいただくことは難しい。」とは、思っていましたが、1週間販売してみてよーく分かりました。
 リーズナブルな価格のものはそれなりに売れていますが、自分のスタイルで作る寄植えは、そうはなりません。魅力を感じ、値ごろ感を抱いていただく工夫、難しいですね。

「きてかーな」販売3

「きてか~な」で「寄植え」を販売4

「きてか~な」で「寄植え」を販売5
 ◆直売所「きてかーな」で寄植えを販売(2016,10,22)

 ✿✿✿ お家の庭、店頭を寄せ植え等で彩るオーダーを承ります ✿✿✿


にほんブログ村

秋の庭にハンギング

 昨日、一昨日は、バタバタでブログ更新ができませんでした。
 今日は、カメラを持ってガーデンで秋の風景を探しました。1月前に作ったハンギングが秋のガーデン風景に溶け込んでいました。

秋のガーデン2

秋のガーデン1
 ◆秋の庭にハンギング(2016,10,21)


にほんブログ村

一面コスモスの花(近江八幡市)

 近江八幡市野田町の休耕田3haに、300万本のコスモスが咲き誇っています。16日に同町を通りがかったところ「コスモスまつり」が開催されており、人と車でいっぱい。今朝、出直し、コスモスを見てきました。
 滋賀県最大級のコスモス畑とあってスケールが大きくて圧巻。高台がなく、コスモス畑全体をカメラに収められないのが残念です。

野田町コスモス畑1

野田町コスモス畑2
 ◆野田町のコスモス畑(2016,10,18)


にほんブログ村

退職して半年

 退職して半年が過ぎました。
 「今、どうしてるの?」と仕事を一緒にした先輩や仲間らからお便りや問い合わせをいただいています。
 梅雨明け頃は、毎日のように草刈鎌と剪定ばさみで庭の手入れをしていましたが、最近は、時間があればノコギリとトンカチで「ガリガリ、トントン」と教室ができる小屋を造っています。でも秋本番、忙しくなってきて、その時間もありません。

 とにかく「自由人」。寄せ植えなどのガーデニングに関すること、そしてこの地域を花のまちにするため、いろいろとやっています。
 例えて言うなら、40年近く十分管理できなかった土地の草を刈り、耕し、種を蒔き、植え付けているといったようなことです。
 まだまだ途中段階ですので、形になってくれば本ブログに書いていきます。

 今月後半は、22日から始まる「あわじガーデンルネッサンス2016」への出展、25 ,26日は、全国花のまちづくりコンクール表彰式、優秀事例発表会出席、30日は、賀茂神社の「一二七五年式年大祭」への花装飾展示などです。
 今は、公務員時代の制約、しがらみも無い自由そのものですが、所得につながらないのが辛いところです。

 また、もうガーデニングを趣味でやっているだけでないので、もっとガーデニングに関する知識の引き出しを増やし、技術を高めたいところですが、料理の腕前だけは上達しています。

雨上がり
 ◆雨上がりのヤマブドウ(2016,10,17)


にほんブログ村

「きてか~な」で「寄せ植え」を販売

 直売所「きてか~な」(近江八幡市)の出荷者となり、オシャレな「寄せ植え」などの販売を開始しました。
 県下最大級の直売所であるものの、「寄せ植え」が果たして売れるか?
 「きてか~な」の近くには、「八幡堀、古き商家」等の観光地や「コリーナ(たねやグループ)」もあり、ちょっと期待しています。
 しばらくは、いろいろとやってみてニーズを確認したいところ。先ずは、こんなものから

  ○JAグリーン近江「きてか~な」HP → リンク

きてかーな販売1

きてかーな販売2
 ◆コリーナで販売している寄せ植え(2016,10,16)

 ✿✿✿ お家の庭、店頭を寄せ植え等で彩るオーダーを承ります ✿✿✿


にほんブログ村

ムベの実

 マイ・ガーデンのメインゾーンの背後には、コニファーが茂り、その木に、ムベ、アケビ、ノウゼンカズラ、ヤマブドウなどのつる性植物が覆っています。
 特にムベは、沢山の実を付け、秋の雰囲気を醸し出してくれています。
 オープンガーデンの直前(4月)には、白い花を付けていて、あれから早いもので半年が過ぎました。

ムベの実
 ◆アーチに実ったムベ(2016,10,14)

ムベの花
 ◆白い可憐なムベの花(2016,4)


にほんブログ村

流木ハンギングバスケットのBefore After

 昨日、放置状態にあったハンギングバスケットのアルテルナンテラなどのリーフをバッサリと切り込みました。
 流線型の流木が現れたBefore Afterです。
 因みにこの流木は、2年前にびわ湖の浜辺で拾ってきて、ハンギングバスケットのコンテストに使っています。
   その時の画像(旧のHP)

流木ハンギングのビフォーアフター1
 ◆流木ハンギングバスケットのBefore After(左:2016,8,14、中:10,8、右:10,11)

流木ハンギングバスケットのアフター
 ◆すっきりした流木ハンギングバスケット(2016,10,11)


にほんブログ村

近江八幡市のY邸の花庭2

 オシャレで楽しいガーデニングをされている「よっちゃん」のガーデンを訪ねました。
 季節毎にお邪魔していますが、もうすっかり秋、正面の真っ白なフェンスが秋のキャンバスとなっていました。
 庭に入るとバラが咲き、コリウスなどの葉が茂り、いい感じでした。

近江八幡市Y宅-1

近江八幡市Y宅ー2

◆近江八幡市のYさん宅の花庭(2016,10,11)

 この楽しいガーデンは、「よっちゃんの気まぐれブログ」をご覧ください。
 5月の花庭 → リンク

<
にほんブログ村

放置していた流木のハンギングバスケット

 朝夕めっきり涼しく、秋のガーデニングのシーズンとなっています。
 とはいうものの、ガレージを教室に改造するため、今日もトントン・・と、大工仕事でした。早くしないと冬が来て、春になってしまいそうです。
 夏場に植え替えた流木のハンギングを日陰から陽の当たる所に移動しました。
 「トレニア」の花が徐々に増えてきましたが、アルテルナンテラなどのリーフが流線型の流木を覆い隠してしまっています。
 流木の曲線が見えるよう、明日、アルテルナンテラをバッサリと切り込もうと思います。Before Afterどうなるでしょう。

放置した流木ハンギング
 ◆放置していた流木のハンギングバスケット(左:2016,8,14、右:2016,10,8)

トレニアの花
 ◆トレニアの花(2016,10,8)


にほんブログ村

「みずの森」寄せ植え講習会

 「草津市立水生植物公園みずの森」において、「寄せ植え講習会」が開催され、講師を務めました。
 「秋の草花を使った寄せ植え」という内容で、「パープルファウンテングラス、アメジストセージ、ウインターコスモス、セロシア、ジニア、アキランサス、黄金カズラ」または、ガーデンシクラメンなどの洋物を使った寄せ植えを楽しんでいただきました。
 会場が研修棟から急遽、ロータス館へ変更となり、ハロウィンの展示がバックになりました。
 
みずの森講習1

みずの森講習2
 ◆「みずの森」における寄せ植え講習会(2016,10,9)

 ○「みずの森」のHP → リンク


にほんブログ村

ガーデンは、秋色

 今日10月8日は、「甘露」。秋の深まりを感じる季節となり、北海道や高山の冠雪、北国からの紅葉便りが届くようになりました。
 数日ぶりにマイ・ガーデンを見てみると、ムラサキシキブ、ヤブラン、段菊、ムベなど、紫色の花や実が色鮮やかになっています。
 ガーデンの緑の中で、ポツリポツリと咲いているこのような花が庭を心地よくしてくれています。

色づく段菊

ヤブラン
 ◆段菊とヤブラン(2016,10,8)


にほんブログ村

まちの花飾り(10月)

 まちの花飾り2カ所の花(ハンギングバスケット)を秋バージョンに展示替えしました。
 秋は観光のシーズンでもあります。近江八幡観光に訪れた方がこの花飾りをご覧になって、少しでも心に残れば嬉しいです。

まちの花飾り(10月)2

まちの花飾り(10月)1
 ◆花のまち飾り(10月)(2016,10,7)


にほんブログ村

マイガーデンが表紙に

 マイ・ガーデンがガーデニング・インテリア雑貨輸入卸「村田屋産業(有)」の「2016Autumu&Winter」カタログの表紙になりました。
 撮影は、残暑厳しい花の少ない時期にされていましたが、ガーデニンググッズが生きるグリーンの背景となっています。

カタログの表紙
 ◆「村田屋産業(有)」の「2016Autumu&Winter」カタログの表紙(2016,10,6)


にほんブログ村

「みずの森」の秋(草津市)

 「みずの森」の見所の1つに、「花影の池」があります。
 春から秋にかけ、池の中のフラワーバスケットと水生植物を組み合わせたウォーターガーデンです。「水面に映る花の影」と睡蓮が綺麗で、この時期になると大きなパラグアイオニバスの葉が茂っています。

 本州直撃を心配していた「台風18号」は、日本海に抜け、先ずは一安心といったところですが、みずの森では、昨日、この台風の影響により、コンテスト作品のハンギングバスケットなどを傷めないよう、 ロータス館内にいったん移動されています。

秋の「みずの森」1

秋の「みずの森」2
 ◆ 「みずの森」の「花影の池」と「山の小道」(2016,10,4)

 ○「みずの森」のHP → リンク


にほんブログ村

「みずの森」のハンギングバスケット展示作品

 「草津市水生植物公園みずの森」で開催されている「第39回ハンギングバスケット&コンテナ展」の作品の花柄摘みに行ってきました。
 コンテスト展示作品となれば、普通は手をふれないものですが、みずの森では、日本ハンギングバスケット協会(JHBS)滋賀支部会員が展示期間中、いつも綺麗な状態を保つため、花柄を摘んでいます。 今日は、その当番の日でした。
 下の画像は、出品作50数点のうち、JHBS滋賀支部会員のハンギングバスケットです。
 なお、今回のコンテストで「JHBS理事長賞&草津市長賞」を受賞したのは、木里美幸さん(左の1番上の画像)でした。

39回みずの森1

39回みずの森2

39回みずの森3
 ◆「みずの森」コンテストにおけるJHBS滋賀支部会員の作品(2016,10,4)


にほんブログ村

秋の寄せ植え(イメージ5)

 寄せ植え講習の花苗を仕入れに買受人登録をしている花き卸売市場へ行ってきました。
 市場から直接仕入れることは、安く、何より欲しいものを安定的に確保できるメリットがある反面、販売がケース単位であることから、買いすぎた(余る)花苗をどうするか・・・。ずーと思案中です。何か1つ本格的に始めようとしたら、そのための多様な引き出し、チャンネルが必要なことを改めて感じています。

 引き続き、秋の寄せ植えイメージ作を掲載します。

秋の寄せ植えイメージ5

秋の寄せ植えイメージ5-1
 ◆秋の草花で寄せ植えをイメージ(2016,9,24)

 
にほんブログ村

「みずの森」コンテスト

 昨日、「草津市立水生植物公園みずの森」の「ハンギングバスケット&コンテナ展」に作品を出品しましたが、本日、審査され、結果が発表されました。
 出品数は、年々減少し、ピーク時の約半分、51点だったようです。ただ、みずの森コンテストの出品作は、レベルが高いとも言われており、自分にとっては、斬新な装飾アイデアが提案できる、技術向上の場となっています。

 結果の方は、春と同じ「金賞」で、リベンジができませんでした。
 
 テーマは、「月に照らされて」とし、ブルーのアスター、赤葉センニチコウ、ヒペリカム、トウガラシ、ヤブコウジ、パープルファウンテングラシ、他4種類の銅葉を植え込みました。バックに比べ、ハンギングそのものがシンプルなので、中心部に大きな花を2株ほどプラスできればよかったと思っています。

 ○審査結果 → リンク

39回みずの森コンテスト作
 ◆「みずの森」出品作(2016,10,1)


にほんブログ村

みずの森のハロウィン展示(草津市)

 「草津市立水生植物公園みずの森」の「ハンギングバスケット&コンテナ展」にハンギングバスケットを搬入してきました。展示期間は、10月4日から16日までとなっています。

 みずの森のロータス館では、10月8日からのハロウィンのイベントに先立ち、ハロウィンの展示が行われており、ほうきや魔女の衣装が写真撮影用に無料で貸し出されていました。

 私が9日に行う「寄せ植え講習会」もハロウィンのイベントの1つです。この講習の申し込みは、まもなく締め切りとなります。

 ○みずの森ホームページ → リンク

みずの森ハロウィン展示

みずの森ハロウィン展示 2
 ◆「みずの森」のハロウィン展示(2016,10,1)

 
にほんブログ村

プロフィール

しんご

Author:しんご
「私のガーデニング2」へようこそ!

1957年滋賀県生まれ、男性
◎ハンギングバスケットマスター
  (日本ハンギングバスケット協会)
◎花育アドバイザー
  (全国花育活動推進協議会)

ホームページ「私のガーデニング」(2002年~2015年)もご覧ください。
 http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/

最新記事
ガーデニングブログ検索とランキング
★お気に入りいただけた記事や画像がありましたら、よろしければ1日1回クリックして応援ください。ハンギングバスケットやガーデニングの人気ブログも御覧いただけます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム