Welcome to my blog

咲きかけた「ノウゼンカズラ」の花

しんご

 梅雨も後半、週間天気には晴れマークがありません。
 そんな鬱陶し中、我が家のシンボルツリー、『ノウゼンカズラ』が咲きかけてきました。あと1週間で満開です。

ノウゼンカズラは、漢字(中国)で、『凌霄花』」と書き、 『凌』」は、「しのぐ」。『霄』」は「大空」という意味。ツルをからませる樹を凌ぎ、大空に向かって咲く様を表現しているとのこと。

 我が家のノウゼンカズラは、30数年前に京都府庁に植わっていた樹の剪定枝を挿し木したものです。
 最初は、2m余りの椿の樹にツルを這わせていたが、ツルがどんどん伸びて折れたことから、長いポールで補強しているので、今では2階のベランダを超えています。
 
 もうすぐ夏本番。このノウゼンカズラが緑のカーテンとして、ギラギラと照りつけ、焼き尽くす直射日光を遮り、夏の厳しい暑さを和らげ、心地よい環境と景観をもたらしてくれます。

ノウゼンカズラ1

ノウゼンカズラ2
 ◆咲きかけたノウゼンカズラ(2016,6,27)


にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply