FC2ブログ
Welcome to my blog

ガーデニングでできる「琵琶湖の再生」

しんご

 琵琶湖の水草のたい肥を、モニターとして軽トラック1台分貰ってきました。
 近年、琵琶湖では、水草が異常繁殖して悪臭を放つなど、漁業をはじめ水質・環境悪化をもたらしており、県と財団がその対策として、水草を刈り取り、有効活用のためのたい肥化を進めています。
 マイ・ガーデンでは、このたい肥を6~7年間投入し続けています。
 2016オープンガーデンでは、こうした取り組みを知ってもらおうと配付チラシに説明し、財団のチラシを掲示しましたが、2017オープンガーデンでは、何かパフォーマンスができないか、思案しているところです。

 詳細は、淡海環境保全財団のHP。 → リンク

みず草堆肥の積み込み
 ◆琵琶湖の「水草堆肥」の積み込み(2017,3,5)

水草堆肥チラシ
 ◆「琵琶湖の水草の資源循環」チラシ

ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 4

There are no comments yet.
グミ  

この水草を堆肥化して使う活動は びわ湖の環境保全に役立って良いことですね
植物を育てる上で 土づくりの大切さは皆、承知のことですが 
水草堆肥で活力ある土づくりをされているからこそ しんごさんのガーデンの植物は元気で耐性を秘めているんでしょうね
ガーデニングが びわ湖の再生を助ける活動につながっているなんてスケールが大きくてワクワクしますね

2017/03/06 (Mon) 19:59 | EDIT | REPLY |   
ねこやなぎ  

しんごさんの花活動は、環境への配慮がベースにあって、素晴らしいなぁといつも思います。
水草堆肥のモニター。水草堆肥の有効性は、しんごさんのガーデンの花々が実証してくれていますね。
我が家では、古土の再生が、いまいちで、つい市販の培養土を使いがちになっているので、土作りのことを、もっと学ばなければと思っているところです。

しんごさんのオープンガーデンなどの活動を通して、琵琶湖の水草堆肥のことが、広く知られ、水草の堆肥化や、利用が広がっていくといいですね


2017/03/06 (Mon) 21:48 | EDIT | REPLY |   
しんご  

 グミさん、コメントありがとうございます。
 琵琶湖の水草たい肥のモニターも年々増えてきました。たい肥を投入して土づくりをするのは、結構大変ですが、家庭菜園やガーデニング用にたい肥がいただけるのですから、県にとっても、利用者にとってもありがたいものです。

2017/03/06 (Mon) 22:42 | EDIT | REPLY |   
しんご  

 ねこやなぎさん、コメントありがとうございます。
 長年、このたい肥と果樹の剪定枝をガーデンに投入しているので、良い土になりました。ただ、土壌診断ができていないので、たい肥の投入は、リスクがあり、一度に大量投入しないようにしています。

2017/03/06 (Mon) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply