Welcome to my blog

春を告げる左義長まつり(近江八幡市)

しんご

 湖国の春の訪れを告げる近江商人の町の奇祭「左義長祭」。
 女装姿の若衆が「チョイヤレ」「マセマセ」と掛け声勇ましく、古き八幡の商家たたずむ町内を練り歩く。
 五穀豊穣を祈る祭として、山車は毎年干支に因み、今年は、「猿」。穀物や昆布、するめ、麻など食べ物で造作。
 12日の1日目は、10数基の左義長が日牟禮八幡宮境内に集まり、山車コンクール。その後は、渡御。
 13日の2日目は、自由げい歩が行われ、勇壮なけんかシーンが行われ、夜は、炎とともに若衆が歓喜の声を響かせ踊り狂い奉火される。

2016左義長1
 ◆宮入を終え、渡御に。魚屋町の大人、子供左義長(2016,3,12)

2016左義長2
  ◆宮入を終え、渡御に。第一区左義長(2016,3,12)

左義長けんか
 ◆明日行われる左義長どおしをぶつけ合う勇壮なケンカ。(過去の画像)


にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply