Welcome to my blog

巨大化した「コノテヒバ」の剪定

しんご

 一昨日ブログアップした「コノテヒバ」を見て、「これがコノテヒバ? え~」と思われた方もおられると思います。
 コノテヒバは、うちわ状の葉が重なり、外へ外へと大きくなります。
 20年以上前に植えた「コノテヒバ」が3~4mまで成長し、巨大化していました。
 小さくしたいが中心部は枯れているので、深く刈り込むと新しい葉の萌芽は望めず、枯れてしまいます。
 ネットで剪定方法を調べても、「小まめに緑の葉を残して刈り込む。」としか書いていません。
 ならば、台杉のような仕立てができないかと、3年前に先端部分と幹から出ている萌芽だけを残し、バッサリと整枝しました。
 翌年、その萌芽が生長したので、次は、先端部分をバッサリとカット。今では、どう見ても「コノテヒバ」には見えません。
 
このてひば?

このてひばの剪定
 ◆巨大化した「コノテヒバ」(2014~現在)

 著書「しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 「お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 4

There are no comments yet.
はなこ  
コノテヒバ

時々ブログを見せて頂いています。
私の家にもコノテヒバが何本かあります。
剪定は2年に一度ですが、2月頃にしています。
素人ですから、もし深く切り込んでしまったとしても、3月、4月~に成長しますから
また新しい葉が出てなんとか形は整います。
丸っこい花らしきものも付きますし、木の香りもよかったような覚えがあります。
今はモミの木のような形(円錐形)にしていますが時々気分で、円柱形にしたりもします。
家の庭は狭いですし、大きくしてしまうと後が手に負えなくなるので、木は自分の背の高さまでと心がけています。

巨大化したコノテヒバも風が通って、夏はいいかもしれませんよ。


2017/06/30 (Fri) 22:23 | EDIT | REPLY |   
しんご  

 はなこさん、コメントありがとうございます。
 そうですね。毎年、思い切り刈り込めればいいのですが、ついついそのままにして、深く刈り込もうとしたら内側はすっかり枯れて手遅れ・・・。
 コニファーなんかも、大きくしすぎて、結局、株元から何本切ったことか・・・
 はなこさんは、管理できる範囲できっちりされているようで、すばらすしい・・・
 これからも、時々コメントいただければ嬉しいです。

2017/07/01 (Sat) 08:46 | EDIT | REPLY |   
Juno  

こんばんは。

我が家にも友人から頂いたコノテヒバがあります。
数回の移植の後、やっと今の場所に落ち着きました!
風通しが悪くて枯れかかってる所をバッサリ切ってたら不細工な形に^^
今は大木になるのを避けるために先端部を切るぐらいですが!
目隠しにはいいんですがうっかりしてたらすぐ大きくなっちゃいますね^^

2017/07/01 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |   
しんご  

 Junoさん、コメントありがとうございます。
 コノテヒバやコニファーなんかは、大きくしすぎないよう注意して剪定しないと、うっかりしてたらすぐ大きくなりますね。
 こうした木を植えた20数年前と今では、植えたい木の好みが、管理しやすい木へと大きく変わりました。

2017/07/02 (Sun) 00:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply