FC2ブログ
Welcome to my blog

長命寺の808段の石段と紫陽花(近江八幡市)

しんご

 紫陽花の季節、西国三十三所第三十一番札所の「長命寺」に紫陽花を見に参拝しました。
 長命寺は、自宅から歩いて行ける近いところにあり、若い時は、長命寺の808段の石段がいいトレーニングコースでした。
 最近は、雪が降ったり、紫陽花の時期にその石段を下から登ることなく、頂上付近まで車で上っています。

長命寺の紫陽花1

長命寺の紫陽花3

長命寺の紫陽花2
 ◆ 長命寺の808段の石段と紫陽花(2018,6,24)

 寄せ植え教室(7/8)の開催案内
 「2018オープンガーデン開催」のお知らせ(終了しました。)
 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 4

There are no comments yet.
はなこ  
山の奥深く・・・

お寺って大抵高いところにあって、階段で登っていかないとたどり着けませんね。
808段とは凄い・・・・今の私だったら、途中で逝き倒れるかして多分たどり着なさそうです・・・
それにしても長命寺とは、よいお名前のお寺ですね。

2018/06/24 (Sun) 23:33 | EDIT | REPLY |   
田舎のオ-ドリ-  

お寺の長い石段の脇に咲く紫陽花♪

手鞠型も額紫陽花も・・・
青が似合うと感じるのは私の偏見でしょうか(;^ω^) 

我が町にも同名「長命寺」あります・・・
確か曹洞宗のお寺さん・・・  ☆


今日もお元気願っております☆彡

2018/06/25 (Mon) 06:11 | EDIT | REPLY |   
しんご  

 はなこさん、コメントありがとうございます。
 「3世紀後半から4世紀初頭の景行天皇の時代、武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願。「宿禰は、300歳の長命を保った。開基は、聖徳太子。太子は宿禰の長寿にあやかり、当寺を長命寺と名付けた。」と伝えられています。
 300歳は、いくらなんでもですが、その名の通り、参拝すると長生きすると言い伝えから、この石段を登る参拝者が少なくありません。
 自分は、トレーニングが必要な時は、この石段を登っていますが、帰路は、車道を下っています。
 

2018/06/25 (Mon) 07:50 | EDIT | REPLY |   
しんご  

田舎のオ-ドリ-はなこさん、コメントありがとうございます。
この長命寺は、西国三十三所第三十一番札所。天台宗系単立。聖徳太子の開基と伝えられています

 石段脇は、青い派手やかさのない額紫陽花など青い紫陽花。園芸品種として改良されたものが植わっていないのが、古き歴史を感じさせてくれます。

2018/06/25 (Mon) 08:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply