FC2ブログ
Welcome to my blog

世話のかかる木は、もう要らない!

しんご

 庭には松の木が2本あって、1本は樹齢150年を超える大松。もう1本は、自分が学生の時に小苗を植え、40数年世話をしてきた松。
 今年は猛暑が続き、雨が降らず、庭はガラガラで乾ききっていて、この小松の剪定が昨年より20日程遅れました。
 この暑さと日照り続きは、松にとっても、自分にとっても堪えます。
 大松などの剪定は、涼しくなってからボチボチでもいいけれど、できれば一雨ザッときて、盆までに済ませたい。 「世話のかかる木は、もう要らない!」と思う、この時期です。
 〇 8月の気象観測所データ

松の剪定1

松の剪定2
 ◆ 猛暑の中で松の剪定(2018,8,3-5)

 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 12

There are no comments yet.
田舎のオ-ドリ-  

お早うございます♪

こちらも瞑想台風以来 全く雨が降りっておりません(>_<)

松の剪定ももちろんご自分で・・・
この猛暑の中大変な作業です(◞‸◟)

樹齢150年・・・
でも 要らない!お気持ち分かります・・・
我が家も
「松」がありましたが
大分以前に スッパリ!切ってしまいました(;^ω^)
(造園屋さんに管理してもらっており
結構なお支払い!が一番の理由・・・
それにバランス考えると やはり要らない と(;^ω^))
 

今日もお元気願っております☆彡  

2018/08/06 (Mon) 05:53 | EDIT | REPLY |   
しんご  
田舎のオ-ドリ-さんへ

 田舎のオ-ドリ-さん、コメントありがとうございます。
 こちらでは、前栽に松の木が1、2本植わっているのが普通ですが、その松の木を切ってしまったり、短くしているお宅が随分増えました。もう手間のかかる木は、お金のかかる木は、生活や価値観が変わってきている中で、もう御免といった感じです。

2018/08/06 (Mon) 06:23 | EDIT | REPLY |   
yumi  
おはようございます^^

今日も朝から蝉が暑さを後押ししているようです…

そうですね
最近では松の木も少なくなりましたね
それ以前に松の木を植える程の広い庭がなくなってきたという事でしょうか

維持管理も大変ですが
ライフスタイルが変わってきたと言う事も
大きな理由のひとつかもしれませんね。。

無理をしない程度に頑張ってくださいね.。o○

2018/08/06 (Mon) 06:50 | EDIT | REPLY |   
しんご  
yumi さんへ

 yumiさん、コメントありがとうございます。
農家の間取りは、「ぜい」と「座敷」の2間、または4間で冠婚葬祭など大勢の来客を迎えていました。
 その間(縁先)から見える前栽に松の木。
 生活がガラリと変わり、「ぜい」と「座敷」を使うことも少なく、前栽を眺める機会もほとんどありません。その庭の手入れを考えると生活スタイルに合わせるのが当然かもしれませんね。

2018/08/06 (Mon) 08:36 | EDIT | REPLY |   
nonohana626  
庭木

我が家も庭師さんにお願いして、松の木を植えるのをやめてもらいました。
手間のかかるのは、年をとるにつれて、たいへんになりますね。

2018/08/06 (Mon) 18:26 | EDIT | REPLY |   
Juno  

こんばんは。

本当に雨が降らずで庭もカラッカラッ!
水やりだけでふぅふぅ言ってます^^
猛暑の中松の木の剪定をなさるのは大変ですね!

我が家も一本の松の木の為に植木屋さんに来てもらってたんですが・・・
色々迷ってたんですが数年前に主人に切ってもらってスッキリしました^^
年とともに「世話のいる木は要らない」実感してます^^

2018/08/06 (Mon) 21:20 | EDIT | REPLY |   
しんご  
nonohana626さんへ

 nonohana626さん、コメントありがとうございます。
 先祖より見守られた松だけに粗末に出来ませんが、昔と価値観がちがってきているので、生活スタイルに合わせられるようにしたいものです。とはいえ、大松は、何かきっかけがないとどうしようもありません。

2018/08/06 (Mon) 21:43 | EDIT | REPLY |   
しんご  
Juno さんへ

 Junoさん、コメントありがとうございます。
 一雨ほしいですね。自分も朝の水やりで大汗です。

 10数年前は、植木屋さんに来てもらってたんですが、歳をとられ「事業規模を縮小したいので、兄さん、大きな松も自分でできますやろ・・・」となって、夏休みは、その剪定でした。
 木は、植える時に管理のことを考えていないと大変なことになりますね。これこそ、終活。家族に押しつけてしまいますね。今日も剪定枝や雑草をクリーンセンターに持ち込みました。

2018/08/06 (Mon) 21:58 | EDIT | REPLY |   
az  

しんごさん

まだ愚痴っている間は大丈夫です。
私は松のような大変な木は暑かったことないんですが
自分の身は自分で守らないとということで
生育旺盛な木は引退してもらっています。
悪い“親”です。

ガーデニング
花の世話も大変だし木も大変。
。。。って今年の酷暑はそんな事痛感しました。

2018/08/07 (Tue) 12:08 | EDIT | REPLY |   
はたらき虫  
庭木

しんごさん
庭木は今や不要なもの?
今の時代にはというより、庭木を育てる環境がないんですね
若い人は育児と一見贅沢な生活に走ってしまうのでしょう
 私も少しの庭木を育てています、松の剪定はプロに任せ小物の庭木は自分で葉刈りしていますが、いつまでやれるやら不安です
自然に枯れてくれれば・・・と思う気持ちも出てきましたよ

2018/08/07 (Tue) 12:45 | EDIT | REPLY |   
しんご  
az さんへ

 azさん、コメントありがとうございます。
 松の木は、ちょっと松には悪いのですが、ほんと厄介ですね。
 生垣のベニカナメ、枯れて欲しいと思っていたら枯れました。以心伝心。松はまだ愛情が伝わっているようです。

2018/08/07 (Tue) 13:08 | EDIT | REPLY |   
しんご  
はたらき虫さんへ

 はたらき虫さん、コメントありがとうございます。
 園芸大好き人間でさえ、松の剪定には音を上げるくらいですから、「もう松は要らない。」と思う人は、少なくないでしょうね。植木は、生活環境の変化のスピードには、ついていけないですね。何れ終活。管理を見据えて植木を何とかしないといけません。

2018/08/07 (Tue) 13:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply