FC2ブログ
Welcome to my blog

ガーデニングにも「物語」(梨園より)

しんご

 「梨」や「ブドウ」のシーズンとなり、今日は、守山市のフルーツランドに行ってきました。大勢に人で賑わっていました。
 マイガーデンの通路に敷き詰めているチップは、ここの梨園の剪定枝です。
 冬、生産者は、剪定した枝を処分するため市の焼却場に持ち込みますが、自分にとっては資源。生産者は、私の取組に協力して、枝を剪定後、チップしやすい枝を束ね、道路際に置いてくれています。また、生産者が直接、運んでくれることもあります。お互いにとって、ありがたい未利用資源の利用です。

 剪定枝を利用しているだけなのに、この梨園の花の開花や梨の販売が待ち遠しく思います。今日もこの梨を賞味しながら、生産者との会話を思い出しました。
剪定枝の収集
剪定枝のチップ

守山の梨園
 ◆ 守山フルーツランドの梨園(2018,8,31)

守山フルーツランド直売所・剪定枝
 ◆ 守山フルーツランドの直売所と剪定枝(夏と冬)

 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内
 お家の庭や店頭をお花で彩りませんか。」承ります。
 ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
Posted byしんご

Comments 4

There are no comments yet.
yumi  
おはようございます^^

資源の有効活用は地球環境にも優しい取り組みですね

数年前にはアプローチなどにウッドチップを敷き詰めることを提案していましたが
今は防災を兼ねて砂利などが推奨されているようですね。。

剪定した枝の後処理にはいつも悩まされるのですが、いいですね
でも、どんなものでもいいというわけではないのですよね・・?

強い台風がまたしても発生して近畿地方も危ない状況です。
くれぐれお置きを付けくださいね。。

2018/09/01 (Sat) 08:35 | EDIT | REPLY |   
しんご  
yumi さんへ

 yumiさん、コメントありがとうございます。
ウッドチップ、購入すれば結構お高くつきますね。街路樹の剪定枝をチップにして配布している自治体もあるようですね。でも、質、病気や虫を考えれば、売っているものを使うのがいいですね。あくまでも、環境の視点です。
 マイガーデンでも大量の剪定枝の処理に悩んでいます。
 松などの針葉、腐りにくい枝は、処理場に持ち込んでいます。堆肥などにするにも、ある程度バックヤードが必要なので、家庭園芸では限りがありますね。

台風21号が来そうです。ご心配ありがとうございます。

2018/09/01 (Sat) 09:08 | EDIT | REPLY |   
nonohana626  
ナシ

何らかのつながりのあるお宅の果物は、特に、おいしいように思います。
我が家も親戚から、先日、梨をいただきました。
おいしく、いただいています。

2018/09/01 (Sat) 16:36 | EDIT | REPLY |   
しんご  
nonohana626 さんへ

nonohana626さん、コメントありがとうございます。
同じようなものでも、自分で作ったり、何らかのつながりがあればそう感じるものですね。

2018/09/01 (Sat) 16:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply