私のガーデニング2

私のガーデニング2 TOP  >   (近江八幡市の花風景)

9月のひまわり(近江八幡市)

 朝からJAの直売所『きてか~な』へ向かう。
 『きてかーな』の前の田んぼには、近江八幡市多賀町の生産者団体がひまわりを栽培しており、一面、黄色い風景が広がっています。
 ひまわりは、小ぶり品種で、花が終われば土づくりのために「緑肥」として田にすき込みまれます。

 雨がポツリポツリ降る中、買い物客がひまわり畑に足を運んでいました。

9月のひまわり1

9月のひまわり2
 ◆9月のひまわり畑(2016,9,11)

 
にほんブログ村

わが町・南津田町の夏(近江八幡市)

 今日は、朝の7時から町民全戸により林道の管理(清掃)作業を行いました。
 林道は、今は使われなくなった霊場(三昧)まで続く道で、うす暗い、静かな竹林のトンネルとなっています。

 林道の入口は、ハス田が広がっており、眞念寺の建物を望む風景となっています。
8月15日の記事(お盆とお花) → リンク

三昧道の竹林
 ◆三昧道の竹林(2016,8,21)

ハス田(南津田町)
 ◆眞念寺を望むハス田(2016,8,21)


にほんブログ村

白鳥川沿いの景観(近江八幡市)

 今年も先日より、白鳥川の河川敷(近江八幡市医療センター付近)に羊が放牧されています。
 これは、市民グループの『白鳥川の景観を良くする会』が県の畜産技術センターから羊を3匹借り、「白鳥川流域の除草効果テスト」や「子ども達や入院患者さんの楽しみや癒やし」を目的に、夏場の草取りの負担を減らそうと取り組まれているもの。
 この放牧は、8月24日までで、河川敷に設置した柵を移動していく予定だそうです。
 葛の葉をよく食べており、我が家のガーデンでも、除草作業に追われていることから、羊や鶏を飼いたいくらい・・・。

 また、同会やコスモス会などが、白鳥川「びわ湖ヨシ笛ロード」に、ひまわりやコスモスなどの草花の植栽、除草管理をされております。
 白鳥川の景観を良くする会のHP → リンク

白鳥川の羊
 ◆白鳥川河川敷の羊(2016,7,10)

白鳥川のひまわり
 ◆白鳥川「びわ湖ヨシ笛ロード」のひまわり(2016,7,7)


にほんブログ村

「知らなかった」では済まない

 オープンガーデンを彩った畑ゾーンの花が種を付けております。
 畑ゾーンは、基本こぼれ種と宿根草。種を採取して、ご希望の方に差し上げています。
 ただし、喜んでいただければ良いというものでなく、種苗には、種苗法で育成者権が保護されているものがあり、無断で繁殖することが違法となります。花苗のラベルにPVPマークや「農林水産省種苗登録品種(又は申請中)として、無許可で増殖及び販売を禁止しています。」と書いているものも少なくありません。
 「趣味の範疇で、人に差し上げるくらいだから・・・」というのは、グレーゾーンということに。ご注意を。

 この他、『オオキンケイギク』のように、 「特定外来生物」に指定され、運搬、販売、栽培が規制、駆除の対象となってものがあります。
 かつては、緑化植物として推奨され、私の住む近くでも道路の土手等、法面の補強のためにこの花の種を播いたようですが、今、このようなことをすれば懲役もしくは罰金刑が科せられます。
 繁殖して「イエローロード」となった景観は、綺麗ではありますが、知らずの持ち帰って植えないように、こちらもご注意ください。

オオキンケイギク1

オオキンケイギク2
 ◆道路の法面、歩道に咲く 「特定外来生物」に指定されている『オオキンケイギク』(2016,5,19)


にほんブログ村

長命寺の石段・紫陽花(近江八幡市)

 琵琶湖の湖畔、808段の石段を登る。聖徳太子ゆかりのお寺、「紫陽花寺」とも呼ばれる西国33番所、第31番札所『長命寺』。
 
 夏山登山をしていた頃は、この石段はトレーニングコース。走って石段を登り、車道を下っていました。
 最近は、通勤していた時のように歩いたり、階段を上り下りすることがなくなったことから、先日より、時々ちょっときつい早朝散歩をしています。紫陽花が咲きかけてきました。

長命寺1

長命寺2
 ◆梅雨時期の長命寺(2016,6,18)


にほんブログ村

「むしゃりんどう」のまち(近江八幡市)

  「むしゃりんどう」の発見地、近江八幡市武佐町。武佐町会館や武佐本陣など9カ所で「むしゃりんどう展」が行われています。
  「むしゃりんどう」は、シソ科の多年草で、本州の中部以北と北海道で自生し、夏に紫色の美しい花が咲き、名は、リンドウに似ており、この地で発見されたことに由来。
 住民の保存会が15年前から観賞用に栽培、展示されており、清楚でかわいい花。 展示は、12日まで。
 昨年、 「むしゃりんどう」が市の花に指定されたこともあり、苗を2鉢購入。果たして、育てられるかどうか・・・?

むしゃりんどう1

むしゃりんどう2
 ◆ 「むしゃりんどう展」(2016,6,6)


にほんブログ村

沙沙貴神社のなんじゃもんじゃ(近江八幡市)

 沙沙貴神社の境内に「なんじゃもんじゃ」という大木がある。正式には、ヒトツバタゴ(モクセイ科)。
 木に真っ白な花を咲かせ、雪が積もったように見える。
 花は、4枚に見えるが1枚。散るときは、花弁が羽根のように回りながら落ちるようである。
 なお、境内には、近江百華苑として、「なんじゃもんじゃ」のほか、季節の山野草、花木が咲き誇っており、草花や自然を愛する自分には、最高の癒しスポットとなっています。

沙沙貴神社のなんじゃもんじゃ1

沙沙貴神社のなんじゃもんじゃ2
 ◆沙沙貴神社の「なんじゃもんじゃ」(2016,5,8)

沙沙貴神社
 ◆沙沙貴神社の鎮守の森で(2016,5,8)


にほんブログ村

黄しょうぶの「八幡堀」(近江八幡市)

 黄しょうぶが咲く季節。

 「流れのほとり」さんのブログを見て、急がなければと、朝7時に「八幡堀」へ足を運ぶ。
 八幡堀の川岸は、黄しょうぶで埋まり、情緒ある風景となっていました。

八幡堀(5,8-1)

八幡堀(5,8-2)
 ◆八幡堀の黄しょうぶ(2016,5,8)

 私のガーデニングの「八幡堀」にリンク


にほんブログ村

水郷の春(近江八幡市)

 近江八幡市には、日本最大の「水郷」があり、琵琶湖八景の1つとして数えられています。
 和船で自然情緒をゆったり楽しむ「水郷めくり」は、水郷一帯を埋めつくす葭地地帯と川辺の四季の花(桜、菜の花)を縫っていきます。
 また、「近江八幡の水郷」は、2006年1月に重要文化的景観の全国第1号として国の選定を受けており、里山やヨシ地、河川が人々の生活や風土と結びつき、将来に残していきたい風景となっています。

水郷と桜
 ◆水郷めぐり(2016,4,5)

水郷
 ◆水郷地帯・ヨシ地(2016,4,5)

旧ホームページ「私のガーデニング」の 「近江八幡 水郷の四季」にリンク


にほんブログ村

八幡堀の桜(近江八幡市)

 今朝、雨が降りそうなあいにくの天気であったものの、八幡堀へ向かう。
 桜は、満開となり、堀沿いの石段・石垣・石畳、白壁土蔵と桜が、歴史的情緒と雰囲気を最高に醸し出していました。

八幡堀の桜1
 ◆八幡堀の桜(2016,4,3)

八幡堀桜2
 ◆八幡堀の桜(2016,4,3)


にほんブログ村

冬の八幡堀(近江八幡市)

GWのオープンガーデン開催まであと3ヶ月となった。週末は、比較的暖かかったものの、ガーデニングができないほど眠気と疲れが溜まり、作業が捗っていない。でも、ガゼボやフェンスなど工作物の水洗いだけはできた。

 冬の八幡堀を歩いた。桜の樹に雪が被ればこれまた綺麗であるものの、今年は余り雪が降っていない。
 寒々とした八幡堀岸に水仙の花が咲いていた。

 なお、本日、「ブログランキング(にほんブログ村)」に登録し、バナーを貼りましたので、よろしければ1クリックして応援してくだされば幸いです。

IMG_1595.jpg

IMG_1605.jpg
◆冬の朝、八幡堀(2016,1,31)


にほんブログ村

大寒波到来(近江八幡市)

 今年は暖冬と言われているのに、全国各地で大寒波に見舞われている。幸い近江八幡市(滋賀)には雪が降っていないが、一日中強風が吹き荒れている。天気予報によると、今晩から明日にかけ相当の雪が降るようで、心配されるところ。
 それでも、ガーデンの草花たちは、地中深くに根を伸ばし、エネルギーを蓄え、春を待っている。
 冬のガーデニングも基礎体力をつける季節。剪定作業、造作のペンキ塗りなど、オフシーズンでも忙しい週末となる。
 でも、今日は寒風強く、作業の方は、お休み状態です。

琵琶湖湖岸2

琵琶湖湖岸1
 ◆琵琶湖湖岸の比良山系からの冷たく厳しい風(2016,1,24)


にほんブログ村

早朝の八幡堀(近江八幡市)

 石段・石垣・石畳、白壁土蔵、そして古き商人の町並みが建ち並ぶ「八幡堀」。寒い日の早朝とあって、日中賑わう観光地も静か。
 八幡堀は、数々の時代劇のロケ地となっており、今も往時の繁栄を物語り、歴史的情緒を最高に醸し出している。雪、桜、菖蒲、紅葉など、四季折々の景色を見せてくれる。
 朝ドラ『あさが来た』では、おはつがこの場所から船で商家に嫁いで行きました。

IMG_1559.jpg

IMG_1566.jpg

IMG_1564.jpg
 ◆市街と琵琶湖を結ぶ船航路として造られ、近江商人を育てた運河(2016,1,17)

 私のガーデニングの「八幡堀」にリンク


にほんブログ村

沙沙貴神社の「ろうばい」(近江八幡市)

 暖冬で、「沙沙貴神社(近江八幡市安土町)」の狼狽(ろうばい)が満開となっている。雪を被った狼狽の写真を撮りたかったが、降りそうにない。
 沙沙貴神社は、花の神社。「神々しい鎮 沙沙貴の杜 近江百華苑」。
 「なんじゃもんじゃ」や「ろうばい」など、1年と通して花に囲まれ、この季節の沙沙貴神社は、20数本の「ろうばい」の花で春めいている。

IMG_1238.jpg

IMG_1302.jpg
 ◆「ろうばい」が満開となった「沙沙貴神社」(2016,1,9)


にほんブログ村

プロフィール

しんご

Author:しんご
「私のガーデニング2」へようこそ!

1957年滋賀県生まれ、男性
◎ハンギングバスケットマスター
  (日本ハンギングバスケット協会)
◎花育アドバイザー
  (全国花育活動推進協議会)

ホームページ「私のガーデニング」(2002年~2015年)もご覧ください。
 http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/

最新記事
ガーデニングブログ検索とランキング
★お気に入りいただけた記事や画像がありましたら、よろしければ1日1回クリックして応援ください。ハンギングバスケットやガーデニングの人気ブログも御覧いただけます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム