私のガーデニング2

私のガーデニング2 TOP  >  ☆野やまちの花・風景

八幡堀の桜(近江八幡市)

 八幡堀に桜が咲く春がやってきました。四季折々に素晴らしい景色を見せてくれるところです。
 カメラマンしかいない早朝の静かな時間、車を降りて、堀沿いの石畳を歩きました。
 今週、14、15日には、日牟礼八幡宮境内において千数百年続く八幡祭(14日の宵宮:松明奉納、15日の本祭:太鼓)が行われています。

八幡堀の桜2

八幡堀の桜1
 ◆桜咲く、八幡堀(2017,4,10)

雪降る八幡堀 → リンク

ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

北ノ庄沢と円山付近の雪景色(近江八幡市)

 毎日、雪・雪・雪。今日も、雪が降りました。
 ちょっとそこまでお使いに行くだけなのに、ぐるりと雪の水郷地帯を回ってきました。
 国の重要文化的景観第1号選定の「近江八幡の水郷」。雪景色が似合う風景です。
 ここは、自分の原風景。幼い頃にタイムスリップしたようなところです。
 以下の画像は、モノクロに編集しています。

北の庄沢の雪景色
 ◆北の庄沢の雪景色(2017,2,12)

円山付近の雪景色2
 ◆円山付近の雪景色(2017,2,12)

ご訪問ありがとうございました。よろしければ「にほんブログ村」などのボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村

雪の長命寺(近江八幡市)

 早朝、大雪の中を「長命寺」の808段の石段を登る。 車道は、竹などが倒れ、通れません。
 雪の石段を登りながら、幼児の頃に先日亡くなった叔父におんぶしてもらったりして、長命寺参りをしたということを思い出す。
  「八千年や 柳に長き 命寺 運ぶ歩みの かざしなるらん」西国31番札所です。

 マイガーデンの花や植木は、この大雪で倒れたり、折れたりしており、明日から復旧作業の予定です。

雪の長命寺1

雪の長命寺2
 ◆長命寺の雪景色(2017,1,26)


にほんブログ村

雪降る「八幡堀」(近江八幡市)

 14日から降り続いた雪がようやく止みました。
 昨日訪れた「八幡堀」は、堀沿いの木々、古き商家、石畳などが雪で埋まり、情緒ある風景は、モノクロの世界となっていました。
 普段観光客で賑わう八幡堀周辺の日牟禮八幡宮やたねや(クラブハリエ)も、この日だけは足を運ぶ人が疎ら。厳しい冬の一日でした。 

雪降る八幡堀1

雪降る八幡堀2
 ◆人影寂しい雪の八幡堀(2017,1,16)

〇情緒ある八幡堀の四季の風景画像は、「流れのほとり」さんのブログでどうぞ → リンク


にほんブログ村

雪の「西の湖」(近江八幡市)

 大寒波の到来で、近江八幡も14日の昼から雪が降り続き、2日間で30cmほどの積雪。ガーデンも雪に埋まっています。
 特に北日本では、大雪で多くの方が困っておられるというのに、約40年間勤務で出来なかった平日の雪景色の写真撮影に出かけています。
 下の画像は、昨日の沙沙貴神社(蝋梅)の帰り、みぞれが吹き荒れる中、「西の湖」に立ち寄ったもの。
 葭原の向こうには、安土城跡の山が・・・。また、権座という船で行く田んぼの島が寒そうに、昔からの風景を残しています。春を待つ、厳しいシーズです。

雪の西ノ湖1

雪の西ノ湖2
 ◆「西の湖」の厳しい雪景色(2017,1,15)


にほんブログ村

沙沙貴神社の蝋梅(近江八幡市)

 昨日の昼から雪。今朝には20㎝近く積雪し、大雪です。
 「沙沙貴神社(近江八幡市安土町)」の蝋梅(ろうばい)が見頃を迎えていることから、みぞれが降る吹雪の中で、雪を被った満開の蝋梅を見に行きました。
 沙沙貴神社は、「なんじゃもんじゃ」をはじめ、1年と通して花に囲まれるところ。今は、20数本の蝋梅が満開になっています。

沙沙貴神社の蝋梅1

沙沙貴神社の蝋梅2
 ◆沙沙貴神社の雪を被った蝋梅(2017,1,15)
〇昨年の沙沙貴神社の蝋梅 →リンク


にほんブログ村

冬の京都府立植物園(京都市)

 京都府立植物園で開催されるハンギングバスケットコンテスト展「花詣」に作品を搬入してきました。
 コンテスト審査前はブログなどで作品画像をアップすることが禁止されていることから、今日のブログでは画像をアップしませんが、ただその作品のバックは、自分らしくない変に派手で、凄いく恥ずかしいものです。こんな思いははじめてです。
 今日の画像は、園の冬の花とします。

 園の北山門から樹林帯に入ると、先ず春の先駆け、スノードロップが敷き詰められた落ち葉の中から白い花を咲かせています。
 梅林では、ロウバイが満開となっており、小鳥(ジョウビタキ)がチュンチュン、チョロチョロと歓迎してくれました。
 園をゆっくりすることなく、雪が舞う京都大原を越え、家路を急ぎました。

冬の京都府植物園1

冬の京都植物園2
 ◆京都府立植物園の早い春(2017,1,13)


にほんブログ村

建部大社の花飾り(大津市)

 滋賀県大津 瀬田唐橋のたもとに鎮座する日本武尊を祀る近江国一之宮「建部大社」に初詣。ここには、私が師匠のように慕う吉川節子氏が毎年献花されています。松竹梅やハボタンなどを使い、羽子板などをディスプレイした素晴らしい献花です。
 県内外の神社やお寺、またホテルでも、なかなかこのような花飾りは見かけないので、自分が「日牟禮八幡宮」に奉納する作品づくりに参考になります。

建部大社の花飾り1

建部大社の花飾り2

建部大社の花飾り3
 ◆「建部大社」に献花された吉川氏の作品(2017,1,9)
○建部大社のホームページ → リンク
○同ホームページのフォトギャレリー(吉川氏の過去の献花作品あり) → リンク


にほんブログ村

びわ湖岸の菜の花畑(守山市)

 比良山系(蓬莱山)を望むびわ湖湖岸、なぎさ公園に菜の花が咲きかけてきました。
 昨日は、小寒でこれから冬本番を迎えるというのに、そこはもう春そのものでした。
 来週は、寒波がやってきて、比良山系は、山裾まで真っ白に雪化粧するでしょう。

琵琶湖岸の菜の花1

琵琶湖岸の菜の花2
 ◆なぎさ公園の菜の花畑(2017,1,6)


にほんブログ村

ヴォーリズ学園のイルミネーション(近江八幡市)

 冬至10日前と言われるように、日の入りは、今が1年で一番早くなっています。ただし、日の出は、冬至より半月ほど後になります。 因みに滋賀の今日の「日の入り」は、16時45分で、17時を過ぎれば、もう辺りは、真っ暗となっています。

 日が暮れれば、まちのあちこちでイルミネーションが灯ります。
 時々通りかかる娘が随分前にお世話になった幼稚園やヴォーリズ学園も毎年灯り、派手やかでない電照がヴォーリズ建築とマッチして、癒やされる灯りとなっています。

ヴォーリズ学園1

ヴォーリズ学園
 ◆ヴォーリズ学園のイルミネーション(2016,12,8)


にほんブログ村

名残の紅葉「市神神社」(近江八幡市)

 長命寺から少し入った水ヶ浜の「市神神社」。そして、「レストラン ル ポアン ドゥ ヴュ」「シャーレ水ケ浜」「水ケ浜ペンション」。そこは、琵琶湖の夕日などの眺望がすばらしく綺麗なところです。
 紅葉の名所ではありませんが、自宅から近い「市神神社」付近の紅葉を観に行きました。
 紅葉は、もう随分落葉し、落ち葉のじゅうたんも色あせてはいたものの、初冬の斜光に照らされて景色を赤く染めていました。
 名残の紅葉、季節はもう冬です。

市神神社の紅葉

市神神社付近の紅葉
 ◆水ヶ浜の「市神神社」とその付近の紅葉(2016,12,8)


にほんブログ村

初冬の水郷(近江八幡市)

 平成18年に国の重要文化的景観第1号に選ばれた「近江八幡の水郷」。 
 そののどかな水郷、ヨシ原は、四季折々に趣を変え、いつ見ても癒やせるところです。
 水鳥(カイツブリ)が静まる川面に映る影を揺らしています。
 間もなく雪が舞い、ヨシ刈りが始まり、最高の風景を見せてくれる季節がやってきます。ここは、私の住む近江八幡です。

晩秋の水郷1

晩秋の水郷2
 ◆初冬の水郷・円山(2016,12,5)

○私のガーデニングの「水郷」 → リンク 


にほんブログ村

教林坊のライトアップ(近江八幡市安土)

 紅葉シーズンは、もう終盤。小雨が降る中、地元近江八幡の「教林坊」の紅葉ライトアップに行ってきました。
 教林坊は、詫びさびの「かくれ里」で、小堀遠州作の名勝庭園。約3000坪の境内、約200本を超えるもみじの大木、竹林を150基のライトが照らし、幻想の世界へといざなわれます。

 この「かくれ里」、最近、ドラマ「宮本武蔵」(主演:木村拓哉さん)や映画「駆け込み女と駆け出し男」(主演:大泉洋さん、戸田恵梨香さん)のロケ地となるなどで観光地化され、大勢の人が訪れるようになりました。

 でも、今日は朝から雨が降っていて、思ったとおり人足は多くありませんでした。
 教林坊についた時には、雨も上がり、池に映る紅葉、コケの絨毯に真っ赤な紅葉を見るなど、書院でゆっくり楽しめました。う~ん、良かったです。まだ、昼も夜も見頃です。

教林坊紅葉1

教林坊紅葉2
 ◆「教林坊」の紅葉ライトアップ(2016,11,27)
○教林坊ホームページ → リンク


にほんブログ村

紅葉の京都府立植物園(京都市)

 今日は、京都府立植物園において「日本ハンギングバスケット協会関西ブロック研修会」があり、参加しました。
 天気もよかったことから、少し早く行って、紅葉がピークとなった園内を散策しました。

 紅葉樹は、もう既に絨毯を敷いたように葉を落としているものもありましたが、残るもみじなどの紅葉が太陽の光を受けてキラキラと輝いていました。

京都植物園紅葉1-1

京都植物園紅葉3-1

京都植物園紅葉2-1
 ◆紅葉の京都府立植物園(2016,11,26)


にほんブログ村

晩秋の八幡堀(近江八幡市)

 八幡堀沿いの桜は、もうすっかり葉を落とし、残るモミジが八幡堀の水面をうっすら朱色に染めています。
 このモミジの葉が落ちれば、八幡堀は、堀沿いの石段・石垣・石畳、白壁土蔵でモノクロの風景と変わっていきます。そして、霜や雪の寒々しい冬の八幡堀に移っていきます。

晩秋の八幡堀1

晩秋の八幡堀2
 ◆晩秋の八幡堀(2016,11,25)

 私のガーデニングの「八幡堀」 → リンク


にほんブログ村

隠れた紅葉の名所、龍穏寺(京都府南丹市園部)

 13日、紅葉を楽しみなが美山から園部へ。
 園部で隠れた静かな紅葉の名所「龍穏寺」を見つけ、人が少ない境内でゆっくりしました。
 このお寺は、知られざる紅葉の見所としてお勧めのスポットだそうで、道の駅においてあったパンフレットには、参道や石段が深紅の絨毯のように散り紅葉で覆われており、素晴らしい風景でした。
 当日は、紅葉が始まったばかりで、その景色には出会えませんでしたが、でも十分に紅葉が満喫できました。

龍隠寺1

龍隠寺2
 ◆京都園部の隠れた紅葉の名所、龍穏寺(2016,11,13)


にほんブログ村

美山かやぶきの里(京都府南丹市美山)

 「日本むかし話」を見るように「かやぶき」の家が建ち並ぶ「美山かやぶきの里」。
 日本の原風景がそこにありました。はじめて来たのに何故か懐かしく、時間が止まるところでした。

美山かやぶきの里1

美山かやぶきの里3
 ◆美山かやぶきの里(2016,11,13)


にほんブログ村

R477の紅葉(京都市京北)

 今日は、京都美山の「かやぶきの里」など、京都市、南丹市の秋の風景を満喫してきました。
 朝6時30分に車で出発。京都市大原からR477の狭い杉木立の花脊を抜けましたが山肌は、既に紅葉で染まり、もみじが輝いていました。

R477沿いの紅葉

R477の紅葉(春日神社)
 ◆R477沿いの景色(京都市京北、春日神社の紅葉など)(2016,11,13)


にほんブログ村

丸の内仲通りのハンギングバスケット装飾(東京都)

 25日、26日は、東京の日比谷と霞ヶ関で行われた行事に参加し、日比谷公園で行われていたガーデニングショーも観ることができ、既に本ブログでその様子を掲載しています。プラスして、途中立ち寄った丸の内仲通りのハンギングバスケット装飾もUPします。
 東京丸の内は、日本経済の中心地でビルが建ち並んでいますが、ケヤキ並木とハンギングバスケット装飾でオシャレな街並みを形成しています。実に羨ましい街並み、街路です。

丸の内仲通り花飾り1

丸の内仲通り花飾り2
 ◆東京丸の内仲通りのハンギングバスケット装飾(2016,10,25-26)


にほんブログ村

秋の「あわじ花さじき」(兵庫県淡路市)

 23日、「淡路夢舞台」に行く途中、「あわじ花さじき」に立ち寄りました。
 「あわじ花さじき」は、明石海峡大橋の開通に合わせ、明石海峡大橋や神戸・大阪、関空の大パノラマが展望できる高原に設けられた15ヘクタールの花畑です。
 今の時期は、サルビア、コスモス、ブルーサルビアなどが彩っています。
 ○あわじ花さじきHP → リンク
あわじ花さじき1

あわじ花さじき2
 ◆あわじ花さじき(2016,10,23)


にほんブログ村

プロフィール

しんご

Author:しんご
「私のガーデニング2」へようこそ!

1957年滋賀県生まれ、男性
◎ハンギングバスケットマスター
  (日本ハンギングバスケット協会)
◎花育アドバイザー
  (全国花育活動推進協議会)

ホームページ「私のガーデニング」(2002年~2015年)もご覧ください。
 http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/

最新記事
ガーデニングブログ検索とランキング
★お気に入りいただけた記事や画像がありましたら、よろしければ1日1回クリックして応援ください。ハンギングバスケットやガーデニングの人気ブログも御覧いただけます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム